サプリメント情報のリスク

サプリメントを選ぶ場合にはさまざまな情報を、チェックするのではないでしょうか。

 

情報の中には、信憑性の乏しいものや、恣意的な情報も混在しています。

 

一日にどのくらいの量を飲むといいかや、どんな成分が含まれているかは、サプリメントのパッケージを見ればわかります。

 

容器に書かれている情報を、疑っていたら選びようがありません。

 

ラベルには本当のことが書かれているという共通認識を、消費者は持っています。

 

万が一、事実とラベル表記が違っていても、チェックすることはできません。

 

事実が明るみに出るのは、サプリメントの副作用などが表沙汰になってからです。

 

本来は、正確な情報がサプリメントの包装には印刷されているものですが、何らかの事情で事実と異なることがあります。

 

虚偽の情報に騙されるリスクを回避するためには、インターネットなどを使ってさまざまな情報を得るようにすることが大切です。

 

用いられている原材料や製造工程が安全でも、添加物がたっぷり使われているような商品も存在します。

 

全ての添加物を排除する必要はありませんが、不必要な添加物を入れすぎないように、適量を見極めることが大事です。

 

多くのサプリメントは、保存性を高めるためだけでなく、きれいな色をつけるためや、香りをつけるために添加物を用いています。

 

日本サプリメント評議会では、不要な添加物が使われていない、内容表記に間違いがないサプリメントを選び、専用のマークをつけます。

 

サプリメント選びに迷っている時は、日本サプリメント評議会のマークがあるかを確認するのもいいでしょう。

 

納得のいくサプリメント選択のために、信頼性の高い情報を利用することが肝心なことです。

 

コメントを残す