健康食品の販売店を利用するときの注意点

 

健康食品の販売をしているショップは、実店舗は勿論の事、インターネットを利用した通信販売によるネットショップもたくさんあります。

 

健康食品を取り扱っている店舗は本当にたくさんあり、販売されている健康食品の種類も相当数あります。

 

クロレラやローヤルゼリーの入ったドリンクや、ビタミンやミネラルの入ったサプリメントなど、健康に効果があるという成分を補給する方法は、無数にあります。

 

この頃は、腸の働きを整えてお通じをよくするような、ビフィズス菌や食物繊維の健康食品も注目されています。

 

5000以上もの健康食品が、市場には出回っているという話もあります。

 

 

5f3293700f6375546357da1c4d9cb4f4_s

 

種類が豊富で、購入する人もたくさんいる以上、健康食品の販売店が数多くあることは頷けます。

 

健康食品とは、その名の通り、健康を維持する為、そして美しさを保つ為に役立つとされる栄養成分を、効率よく補給する目的で利用されている商品です。

 

健康食品によっては、病気などの予防効果や改善効果があると証明されて、販売されている商品もあります。

 

ただし、健康食品は薬と違って、飲めばすぐに治療効果があるというものではありません。

 

法律上は食品と同じものであり、効果の実感には時間がかかります。

 

日頃の食事では足りていない栄養素を手軽に補充するために、健康食品は使われることが前提になっています。

 

外食メインの生活をしていると、必要な栄養が不足しやすいといいます。

 

食事から摂取している栄養量が足りないと感じている人は、健康や美容のために、体に必要な栄養成分を健康食品で得るようにしましょう。

 

健康食品の販売での詐欺について

 

健康食品を販売している店舗の中には、粗悪品を販売している悪質な業者も有るようです。

 

ネットの通信販売では、詐欺商品なども多くなってきているといいます。

 

どのようなやり方で、健康食品の販売で人を騙すようなことをするのでしょう。

 

健康食品の通販を利用したところ、詐欺に出会ってしまったという人は、案外多いようです。

 

最近よくある話としては、注文した覚えのない健康食品が販売点から突然送りつけられてきて、という展開から始まる話のようです。

 

実際には注文していないにもかかわらず、商品の支払いをするようにと求められてきます。

 

この詐欺は、何の前触れも無くいきなり健康食品が配達され、その後に販売店から、商品を申し込んだので代金を払うように説明されます。

 

受け取った人の中には、実際には申し込んでいないのにも関わらず、商品を受け取ってしまっているから仕方が無いとあきらめて、代金を支払ってしまう人もいるそうです。

 

年を取った人などが標的になりやすく、請求の催促に暴言や脅しが含まれているなど、強引なやり方でお金を支払わせようとします。

 

送りつけ詐欺という健康食品の販売詐欺は、この頃被害者が増加しているといいます。

 

健康食品を利用した詐欺は、お年寄りがターゲットになりがちです。

 

健康食品自体も、高齢者のニーズに合わせたものが少なくないといいます。

 

もしも、注文した記憶がない健康食品が家に届いたという場合は、詐欺にあっている可能性を考えて、相手のいいなりにはならないようにしましょう。

 

健康食品の販売店を利用するときの注意点

 

健康食品の通信販売を利用して購入する人が増えてきていますが、商品を購入する時に注意していただきたい点がいくつかあります。

 

まず、健康食品を通信販売で買う場合には、事前にネットの口コミなどをチェックしてみましょう。

 

健康食品を買うことが自分にとってプラスになるか、考えるヒントになります。

 

販売トラブルが起きていないかや、買った人がその商品に満足しているかをチェックした上で、納得のいく販売店に注文をすることが大事です。

 

販売点によっては、あまり質のよくない健康食品を高い金額で販売し、ある程度悪評がたまってきたら、お店の名前を変えて別店舗を装うということもあるといいます。

 

そのため、口コミ情報だけで、販売店の全てを知ることは無理だと考えましょう。

 

人気の商品であったとしても、まずは自分で一度調べて見ることが必要です。

 

健康食品が突然送りつけられてきた時には、まずは受け取りを拒否しましょう。

 

もしも、覚えのない商品に続いて覚えのない請求が来た場合でも、毅然として支払いはしないことを相手に伝えることです。

 

もしも、相手に押し切られて金額を支払ったという時でも、電話での話で支払ったという時は、クーリングオフが使えることがあります。

 

何度も何度も誘われたり、クーリングオフが難しいという状況ならば、消費者センターに連絡するという方法もあります。

 

本来は健康づくりに利用する健康食品ですが、質の悪い商品を高額なお金で売りつけてくるような販売店もありますので、充分気をつけてください。

 

コメントを残す