コラーゲンとヒアルロン酸とは

 

コラーゲンとヒアルロン酸は、健康や美容に効果的な成分という事で今、とても人気があります。

 

保湿力があるというヒアルロン酸やコラーゲンは、関節痛の解消にいいため、同時に使う人もいるようです。

 

使い方が似てはいますが、コラーゲンとヒアルロン酸とは、体に及ぼす影響が違います。

 

 

AI_IMG_7674500

 

細胞同士のつながりをスムーズにする効果が、コラーゲンにはあります。また、ハリのあるしっとりした肌を維持する効果もあります。

 

人間の体をつくっているたんぱく質の、およそ3分の1はコラーゲンです。

 

糖類にカテゴライズされているヒアルロン酸は、体の色々な部分にあります。

 

ヒアルロン酸の特徴は、その保水力です。

 

6リットルの水を保つには、たった1グラムのヒアルロン酸でいいのです。

 

ヒアルロン酸が不足すると肌の潤いがなくなり、乾燥に弱くなってしまいます。

 

お肌を拡大すると、網の目のようにコラーゲンが存在していて、網目と網目の間にヒアルロン酸があるといいます。

 

コラーゲンがヒアルロン酸を支えていることで、肌には十分な水分が保たれます。

 

皮膚を形成しているものにコラーゲンとヒアルロン酸が関わっていることが、肌のしっとり感をつくっています。

 

また、関節のクッション部分である軟骨にも、コラーゲンとヒアルロン酸は役目を果たしています。

 

関節痛は、コラーゲンとヒアルロン酸が足りなくなると、軟骨が減少して、関節同士が衝突しやすくなるため起こるのです。

 

コラーゲンとヒアルロン酸が関節痛の緩和にいいのは、こういった事情があるためです。

 

 

 

コメントを残す