コレステロールを下げる食事のコツ

 

血中のコレステロールを下げる食事は、生活習慣病の増加とともに注目されています。

 

一体、どんな食事をすることで、コレステロールを下げることができるものなのでしょうか。

 

a0002_011588

 

朝は和食メインの食事にすることで、コレステロールの高いバター、ベーコン、卵等を使わずとも食事ができます。

 

コレステロールの少ない洋食の朝食にしたい場合は、高リノール酸を使ったマーガリンや、脂肪量の少ないハムがおすすめです。

 

脂肪の多くない食事で、肉を食べたいという人は、鶏のササミや、胸肉を食材にすることで、摂取カロリーを減らすことができます。

 

魚の脂身はコレステロール値を下げるだけでなく、中性脂肪を下げることもできるので、食事で積極的に摂取しましょう。

 

 

飽和脂肪が多くなく、かつたんぱく質が豊富な食品に大豆があります。

 

献立を考える時に、豆腐やおから、納豆、厚揚げなどを使うといいでしょう。

 

低脂肪の乳製品も色々ありますので、料理に活用するといいでしょう。

 

カルシウムやたんぱく質が多く含まれている乳製品を体内に補給することは、健康効果もあります。

 

海草や野菜を多く使った食事が、コレステロール対策には適しているといいます。

 

食事の内容を決める時に意識しておくといいでしょう。

 

コレステロールのことを考えるならば、間食には和菓子を選択しましょう。

 

コレステロール値を上げたくない人は、まず食事から改善しましょう。

 

コメントを残す