健康な体づくりのために30代からアンチエイジング!

363093c085eda22dcdd4a312c14aa660_s

 

健康な体づくりというと、年寄り臭いと思っていませんか?

 

しかし、遅い年代から初めてしまうと、その年齢になると体が動かない、病気をしてしまうなど、困ったことが増えてきます。

 

そのことから、元気でいつまでも輝き続けるためには、30代から健康づくりをすることが重要です。

 

その内容を、ご紹介します。

 

 

食べ過ぎない

 

アンチエイジングのために、とても大切なことは体に負担をかけないということです。

 

そしてそれは、食事に関しても言えます。

 

食事は、食べ過ぎないことが大事です。

 

食べ過ぎてしまうと、まず胃腸に負担がかかってしまいます。

 

そのため、内蔵が早く老化することになるのです。

 

また、余分なカロリーを取りすぎてしまうことによって、肥満になってしまいます。

 

一度肥満になってしまうと、40代でダイエットをすることが難しくなるのです。

 

そのことを思うと、30代で太らないことが大切です。

 

体の老化は、既に30代で始まっています。

 

しかも急速に進んで行くのは、30代の食生活が原因となることが多いのです。

 

その基盤の食生活を見直して、30代から正しい食事を心がけるようにしましょう。

 

すると、ダイエットをしなければならないという、とても辛いことを防ぐことができますね。

 

定期的に検査をおこなう

 

自分が健康的な体だと思っていても、そうでない場合もあります。

 

それは、偏った食事をしているかもしれないからです。

 

鉄分が足りてないと、常に貧血状態となります。

 

すると、同じ食事をしている子供も貧血になる危険性があるということなのです。

 

子育てをしている30代は、自分の食生活がそのまま子供に影響していると思うようにしましょう。

 

そして間違った栄養の偏りは、その時から見直すようにしましょう。

 

定期的に検査をおこなうことで、自分の体のことを知ることができます。

 

それは家族にとっても、大切なことと言えますね。

 

筋肉をつける

 

運動をする時に、意識をして筋肉をつけることが大事です。

 

それは、40代になると確実に運動量が下がってきて、筋肉をつけることが難しくなるからです。

 

そのため、体の土台を30代でしっかりとつくるようにしましょう。

 

すると、40代になったとき、とても楽になります。

 

アンチエイジングは、健康な体づくりをすることによって、その先の人生を豊かにすることができます。

 

そしてそのことは、自分だけではなく家族も幸せにすることができると言えますね。

コメントを残す