赤ちゃんや子どもにも必要な紫外線ケア

最近は、紫外線ケアは小さい頃からすべきだと言われているようです。

 

子どもは日焼けして外で元気よく遊んでいるほうが、健康的だと昔は誰でも思っていました。

 

けれども、人体に対して紫外線は問題があることが明らかになってきたため、国内でも紫外線ケアをしっかり行おうとする人が増えています。

 

 

water-fight-442257_640

まだ未成年のころから、紫外線を体に浴びることが多いと、皮膚がんになりやすさがアップするといいます。

 

まだ若い頃からたくさんの紫外線を浴びていると、老化がしやすいともいいます。

 

紫外線の体への影響からまもるためには、早め早めの対処をとっておく必要があります。

 

人は、18歳までに、生涯浴びる紫外線の約半分を受けているという研究データもあります。

 

小さいころ、どうやって紫外線ケアをしたかで、大きくなったからのお肌の状態や、健康状態が変わってくるといえます。

 

子どもや赤ちゃんが紫外線を浴びるのが良くないからといって、一日中子どもを家に閉じ込めておくことはできません。

 

紫外線が強い時間や天候の日は外出を避け、紫外線の強さがほどほどな時に紫外線ケアをしながら外出するといいでしょう。

 

太陽の光が強い時間帯に外に行くしかない日もありますが、そんな時は、紫外線の真下て活動をしないようにします。

 

日の光を全身に浴びないように、日陰のある場所で遊ぶようにしてみてください。

 

UVカット効果がある帽子や上着を身につけ、日焼け防止クリームを使うことも、紫外線ケアには効果的です。

 

紫外線が体によくない影響を及ぼすものだということを子どもに伝えて、紫外線ケアを習慣づけるように教え込むことも、重要だといいます。


コメントを残す