キャベツダイエットの方法

最近は、ダイエットにキャベツを用いているという人が、増加しているといいます。

 

キャベツを使用したダイエットは、どんな方法で行えば良いのでしょうか。

 

キャベツを食卓に出せるサイズに切って、熱を加えず皿に盛り、食事として食べるのがキャベツダイエットです。

 

ざく切りにしたキャベツを、しっかりと噛んで食べるといいでしょう。

 

 

8adb448893125b89af204fa7955ca05f_s

複雑なルールや、面倒な手間はなく、ただ、毎日の食事の前にキャベツを食べるというだけのものです。

 

みじん切りや、千切りのキャベツだとたくさん噛む必要がなくなるので、あえて大きく切ります。

 

キャベツを使ったダイエットで重要なことは、しっかり噛んで食べることで満腹信号が出やすい状態にして、食事の満腹度を上げることです。

 

そのままのキャベツを10分間ほど、ひたすら咀嚼し続けましょう。

 

こうすることで、食後1、2時間は、満腹したままでいられるため、間食の必要もなくなります。

 

ざく切りしたキャベツを食べるときは、ダイエット中ですので、ノンオイルのドレッシングを利用しましょう。

 

キャベツの味に飽きそうになったら、塩やしょうゆ、レモン汁などをかけて、味を変えながら楽しむのもおすすめです。

 

ダイエット中のキャベツは、1日何回でも、どれだけ食べても構いませんので、間食をしたい場合でも、キャベツを食べることができます。

 

いくら食べてもいいところが、キャベツの嬉しいところです。

 

キャベツダイエットは、年齢や性別を問わず手軽にできるダイエットですので、ぜひ試して、効果を実感してみてはどうでしょうか。

 

キャベツダイエットのコツ

キャベツダイエットは、年齢や性別を選ばず気軽にできるダイエットですが、うまく続けるためのポイントは何でしょう。

 

基礎代謝量のうち40%は筋肉による消費だといわれています。

 

基礎代謝を維持するためにもダイエット中は筋肉を落としてはいけません。

 

ダイエット時の食事制限が原因で筋肉が減少しないように、食事からは質のいいたんぱく質を補給しましょう。

 

肉のほか、卵、大豆加工品、魚介類など、色々な食べ物からたんぱく質を摂取することで体のバランスが整えられます。

 

キャベツダイエットで速やかに体重を減らしたい場合は、朝と昼は通常通り摂取し、夜はご飯など主食から得られる炭水化物を抜いて、その代用品としてキャベツを食べるようにします。

 

もしも、夕飯が遅くなるならば、炭水化物は食べないようにするといいでしょう。

 

キャベツダイエットの最中でも、甘い物が食べたくてたまらなくなる可能性があります。

 

間食をしたくなったら、フルーツを摂取するといいでしょう。

 

砂糖や油を使った間食をしないことが、キャベツダイエット時の鉄則です。

 

調理をするときは、油を使わないようすることが大切です。

 

テフロン処理された調理用具ならば、炒め物などに使う油の分量は少なめにしていても焦げつきません。

 

おひたしや、蒸して調理をすることで、できるだけ油を使用しない料理を仕上げることができるようになります。

 

飲酒量を減らすことも、キャベツダイエットを成功させるには大事なことです。

 

アルコールを飲まざるを得ない場合、せめて炭水化物を食べないように意識します。

 

日々の食事に配慮することも、キャベツダイエットを達成するめには大事なことといえます。

 

キャベツダイエットの注意点

キャベツダイエットで重要なことは、食事メニューをキャベツだけで終わらせないことです。

 

キャベツ以外のものを食べない食事をしていると、ダイエットになる前に病気になってしまいます。

 

健康に配慮したキャベツダイエットをするためにも、キャベツ以外のものを食べるようにします。

 

摂取カロリーを抑えすぎると、ダイエットをやめた後に急激なリバウンドが発生することがあるといいます。

 

主菜や副菜で健康維持に必要な栄養を摂取して、キャベツをよく噛んで満腹感を得るようにすることが大事です。

 

しっかり噛んでキャベツを食べておけば、ご飯や主菜の少ないメニューでも満腹しやすくなります。

 

キャベツだけの食事は、栄養不足の原因になりますので、極端なダイエット方法は注意したほうが良いでしょう。

 

ドレッシングや調味料は使わず、そのままのキャベツを食べることができれば、キャベツダイエットとしては最善です。

 

キャベツにマヨネーズをつけて食べると、かえってカロリーが多くなります。

 

いつまでも続けられるかどうかが、キャベツダイエットでは大事です。

 

油分を含む調味料でなければキャベツにつけて食べても構いませんので、色々な味を試してみてください。

 

適切な方法でキャベツダイエットを実践し、きれいな肉体になりましょう。


コメントを残す