ウォーキングダイエットの効果をアップするコツ

ウォーキングダイエットは、老若男女を問わず気楽にできる痩身方法ですが、やり方を工夫することで一層ダイエットの効果が出やすくなります。

 

ダイエットのためにウォーキングをするときには、姿勢よく腕を前後に大きく振るのがおすすめです。

 

たるみ気味の二の腕を何とかしたいという女性は多いですがウォーキングで腕を振ることがコツになります。

 

031473

 

二の腕が引き締まるように、肘を90度に曲げ、前後に振りながら歩くことがポイントになります。

 

ウォーキングで心がけたいことは、足を伸ばして歩くということです。

 

一定の歩幅で歩きやすくなりますし、筋肉を動かしやすくなり、血液の流れを促進することが可能になります。

 

かかとから足をつきながら、ウォーキングをするとダイエットに有効です。

 

足を前に運ぶ時は力を入れて地面を蹴り、着地の時には大地を足の裏で包み込むように踏みしめます。

 

両足をしっかりとつけるように意識することがポイントです。

 

一歩一歩が広くなるよう意識することで、ウォーキングの効果がアップします。

 

股関節の運動効果で、血液が流れやすくなるためです。

 

それまで滞っていたリンパの流れがよくなることで、脂肪が燃えやすくなり効率アップが期待できます。

 

胸を広げて酸素をたくさん取り入れ、一つ一つの動作を大きくすることで血流やリンパの流れがよくなり、筋肉がよく刺激される運動が適しています。

 

ウォーキングをしている時は十分な水分摂取と、発汗を促進することで、一層ダイエット効率を高めましょう。


コメントを残す