生活習慣の改善でおなかダイエット

 

おなかだけダイエットをしてスリムになりたいという人は多いのではないでしょうか。

 

腹筋運動でおなかのダイエットをするという人は多いですが、思うようにおなかを細くすることはできないと言われています。

 

毎日の生活習慣を改善することが、おなかのダイエットでは大事だと言われています。

 

おなかのダイエットのために、健康的な生活を送りましょう。

 

 

dc2a2c57b0817eb779061a9b3e1347c6_s

 

体を不要に冷やさないようにすることも、おなかのダイエットでは大事なことです。

 

バスタイムでは、おなかがしっかり温まるよう、入浴時間をコントロールするといいでしょう。

 

お腹をじっくり温めて、心地いい状態で就寝することによって、おなかをすっきりされられるでしょう。

 

心身は互いに影響を及ぼし合っていますので、精神的なストレスが冷えにつながることがあります。

 

お風呂にゆっくりつかってリラックスすることで、冷えを解消することができるようになります。

 

毎日の食事も、おなかのダイエットには重要です。

 

どれだけ体にいい食事であっても、体質的に問題があれば、おなかを壊す原因になったり、ダイエットがうまく進まなくなったりするでしょう。

 

作り置きのものを食べることが多いという人は、体にいいものを食べているつもりでも、ダイエット効果が実感できないことが少なくありません。

 

火を通してから、食べるまでに時間が経過していると、食べ物が酸化していることがあります。

 

健康的な生活をおくること、できるだけ作ったばかりの食事をして、酸化したものを口にしないことが、おなかダイエットのコツです。

 

普段、自分がどのような生活をして、どんな食事をしているか、おなかのダイエットのためにチェックしてみましょう。

 

腹筋をしてもおなかダイエットができない場合には

 

おなかダイエットをしようと思って毎日一生懸命腹筋運動をしている人も多いのではないでしょうか。

 

腹筋という言葉から真っ先に思いつく運動といえば、仰向けの姿勢になって、両手を後頭部に添えて起き上がるものです。

 

腹筋に力が入れられないと首に負担がかかることがありますので、慎重に運動をする必要があります。

 

そして、毎日腹筋運動さえすれば、おなかのダイエットが可能になっていくということではありません。

 

下腹部の筋肉を使ったエクササイズは、腹筋だけでは足りません。

 

では、どのようなエクササイズをすれば、おなかの様々な筋肉を有効に使えるような運動ができるものなのでしょうか。

 

まずは、おなかの筋肉をスムーズに使える体制になってから、エクササイズをしましょう。

 

骨盤のポジションを調節をしてから腹筋をすることが、おなかダイエットでは大事です。

 

骨盤を正しい位置に戻すには仰向けになり、おへそを床に押しつけるよう意識した状態で腕を上にのばして、お腹全体をストレッチする運動をしましょう。

 

ストレッチ運動後に、ゴムボールを利用して腹筋をするといいでしょう。

 

まず、腰と床の間にゴムボールを差し込みましょう。

 

次に、胸を広げるようにして腕をひろげ、両手を後頭部に添えたままの状態で、おなかの姿勢を維持しながら、上半身を後ろに静かに傾けていきましょう。

 

床につくまで一定の早さで体を倒し、ゆっくりとした動作で体を起こすというエクササイズです。

 

効率的な腹筋をするためには、首にダメージを与えずに、続けやすい腹筋をすることがポイントです。

 

普段から、続けて腹筋をしているにのもかかわらず、おなかが引き締まらないという事ならば、ダイエット効果の高い腹筋を摸索していきましょう。

 

横腹をすっきりさせるおなかダイエット

 

おなかダイエットをしたいと思っている人の中で、横腹の贅肉が気になるという人は多いのではないでしょうか。

 

体内に取り入れるカロリーより、使うカロリーのほうが少なければ、余剰分はおなかの脂肪になりますが、どうしておなかにつくのでしょう。

 

筋肉を十分に動かせない状態になっていることで、その部分の代謝が行われず、脂肪がつきます。

 

筋肉が思うように動かせないのであれば、どんなに運動を続けていても、減らしたい部分の脂肪を燃焼させることはできません。

 

おなかのダイエットをしたいのであれば、腹部を取り巻く筋肉を、どう動けば刺激できるかを意識することです。

 

横腹の筋肉を意識して動かせるようにしておくことが、ダイエットを成功させるためには重要になってきます。

 

横腹についたお肉は、年齢によって代謝が落ちていることだけが原因なのではなく、普段気が付かないうちにしている姿勢のクセによって脂肪が溜まりやすくなっていることも考えられます。

 

横腹の筋肉をあまり使わないような行動パターンになっていると、せっとくおなかダイエットをしても、脂肪燃焼効果は今ひとつになってしまいます。

 

横腹を引き締めるためには、筋肉を柔らかくするためのストレッチ運動がまず大事になります。

 

両手を頭上につきだして、骨盤から肋骨を遠ざけるようなつもりで、体を伸ばします。

 

横腹の筋肉を刺激するイメージで、体を左右の斜め上にそっと伸ばします。

 

おなか周りの筋肉をやわらかい状態にすることによって、体をツイストする運動がしやすくなり、おなかのまわりの筋肉を使ったダイエットができるのです。

 

コメントを残す