おからパウダーでダイエット

空腹を抑えるおからパウダー

私がダイエットを始めるきっかけになったのは、2人目の子供を授かりたいという思いからでした。

 

一人目の子供を出産すると、みるみる体に肉が付き体重が増えていきました。

 

もともと痩せている体型でもなく、30代という年齢で妊娠を焦っていたため、妊娠しやすい体を作る目的で始めました。

 

ダイエットを意識する前の朝ご飯はおにぎり一個もしくは米麹で作った甘酒。昼はインスタントラーメンやパン。

 

夜は夫と食べるのでバランスの摂れた食事を心がけていました。

 

間食は時間に関係なく口が寂しくなったら食べる感じでした。

 

これでは良くないと食生活を自分なりに見直し、朝昼晩しっかり食べて間食をなくすことにしました。

 

細かい栄養バランスなどは雑な性格の私には続けられないと思ったので、お肉や魚、野菜と白飯を必ず毎食摂ることだけをルールにしました。

 

さらに空腹にならないように工夫したのが食事におからパウダーを使うことでした。

 

おからパウダーはおからを乾燥させたものでお味噌汁やご飯にパラパラかけるだけでいいので、とても続けやすかったです。

 

大抵はお味噌汁にかけて食べていましたが、つくねやマーボー豆腐に混ぜてかさ増しのように使ったり、サラダにかけたりもしました。

 

1か月で-5kg

ダイエットスタート時は身長157cm、体重66kgでした。

 

おもに食事面にルールを設けて、おからパウダーで空腹をなくす方法でダイエットをしました。

 

はじめの一週間で2kgは軽く落とせたのですが、体形は変わらず。お腹に溜まっていたものが出ただけのように思います。

 

しかし体形は変わらずとも徐々に体は軽くなり、不思議と体を動かしたくなる自分に驚きました。

 

そこからおからパウダーと並行してストレッチ程度のことを取り入れました。必ず決められた運動をするのではなく、気が付いた時に思い立った運動をする。これが長く続ける自分なりのコツです。

 

朝起きて背伸びをするついでにかかとの上下運動をしたり、腰を八の字に回す運動や10回程度のスクワットをしたりしました。

 

決して運動と呼べるほどのことはしていませんでした。結果、1か月おからパウダーを試してから体重を-5kgも減らすことができました。

 

2カ月目からは間食をしない生活に体が慣れてくるのか、体重の減少はあまりなくなりました。

 

しかし、-5kgも痩せると体型も変わったことが自分にはわかります。

 

すると気になる部位がでてきて、もっと痩せたいと前向きな気持ちでダイエットすることができました。

 

長く続けるコツ・工夫

熱しやすく冷めやすい性格の私は、三日坊主で終わるのが常でした。

 

なので、やり過ぎないことを心がけ、無理のないルールでダイエットすることにしました。

 

大まかなルールは、「おからパウダーをかけるだけ」「すき間の時間に気になった箇所をストレッチするだけ」の2つです。

 

おからパウダーは一食につき大さじ一杯程度。ストレッチも1・2分の軽いものでした。

 

あとはダイエット中におやつやデザートを食べたくなった時は、必ず食後に食べるようにしました。

 

食後に食べると血糖値の上昇を抑えられ甘いお菓子でも脂肪になりにくいそうです。

 

おからパウダーは無味でしたが汁物に入れても解けることはなく、口の中に残る感じに慣れるまで時間がかかりました。また慣れた頃には食感が飽きてしまい、ポテトサラダやハンバーグなどに混ぜる工夫で乗り切りました。

 

このダイエットを2、3か月続けると、ダイエットとしてやってきたことが習慣になり、リバウンドは一切していません。

 

1、2個のルールからはじめて、体や気持ちがそのルールに慣れて習慣化されてきたので、新たなダイエットに挑戦しようと思っています。

 

短期間に痩せたい人には向いていませんが、長期的に考えている人や間食がどうしてもやめられない人には試して欲しいです。

 

コメントを残す