1週間に1日だけ夕食抜きスポーツダイエット

ダイエットしたわけではなく気付けば自然に痩せていた!

私が紹介するのは見出しの通り、ダイエットしようと思ったわけではないのに気づけば自然と痩せていた、という夢のようなダイエット方法です。

 

しかし、普段から物凄く大量に食事を摂る方や体を動かすのが苦手な方には不向きなダイエットです。

 

まず私が痩せることに成功した時の生活背景を紹介します。

 

日中は普通にOLをして働いていました。

 

朝、昼、晩と3食適量の食事を摂り、お風呂に入って12時には就寝するという比較的健康な生活習慣を送っていました。

 

ここでポイントなのは体を動かすことが好きだった私は週に1回、ダンスレッスンに通っていたこと。また、天気がよく、気候がいい日などは自転車で通勤することもあった、という点です。

 

ちなみに自転車通勤は本当に気分がのった時だけで夏の暑い日や冬はせずにバス通勤していました。

 

以上を読んでいただいて「こんな生活、私には無理。」と感じた方は私のダイエット方法はむいていないかもしれません。

 

「これと似たような生活、私も送っているけど…。」と感じた方は頑張れば少しずつではありますがきっと痩せられると思います。

 

では、この普段の生活にどんな事をプラスすることで私が痩せることができたのかを紹介させて頂きます。

 

 

週に1回、好きなスポーツを始めましょう

上記でも書きましたが私はOLをしながら週に1回、仕事の後にダンスレッスンに通っていました。

 

ダンスレッスンはスタート時間の関係上、職場から直接レッスン場へと行っていました。その間の移動手段は自転車または徒歩でした。

 

夕食を摂る時間は無かったのですが水分だけは必ず摂ってからレッスンしていました。

 

レッスンは結構ハードで夏場はクーラーをかけていても汗が流れ落ちるほどでした。

 

しかし好きな事を一生懸命やっているので苦痛は感じず、むしろ青春を謳歌しているような気持ちのいい時間でした。

 

ここで皆さんにお勧めしたいのが、最低週に1回以上、夕飯を食べずに(水分はきちんと摂って)好きなスポーツに打ち込んでください。

 

いきなりは難しいかもしれないので最初はゼリー状のエネルギー飲料等摂っても構いません。

 

体力が付いてくると夕飯を抜いてスポーツをしても体がもつようになってきます。

 

そのような状態になってきたらスポーツドリンクのみに減らして体を動かしましょう。私のおすすめはできるだけハードなスポーツです。

 

ストレッチやヨガのように体をゆっくり動かすスポーツだと途中で空腹感を感じてしまうからです。

 

激しいスポーツは空腹感よりも先に喉の渇きを感じます。水分をたくさん摂るとお腹も満たされた気持ちになります。

 

なにより好きなスポーツを夢中になってこなすことが空腹感を忘れさせてくれるのです。

 

これこそ私がお勧めする好きな事に夢中になって知らぬ間にダイエット方なのです。

 

 

激しいスポーツの後はお腹がすかない!

好きなスポーツを夢中になってこなした後は、どっと疲労感を感じます。

 

私の場合、ダンスが終わった後はまず水分を摂りたい。次に早く家に帰って布団に横になりたい。という欲求はありましたが不思議なことに食事を摂りたいという欲求はほとんどなかったです。

 

簡単に言うと、フルマラソンを走った後にしばらくは食欲がでないのと似たような感覚です。

 

日中は一生懸命働いて、仕事が終わると急いでレッスン場へ行き仲間達と一緒にワイワイ楽しみながら好きなスポーツに汗を流し、充実した1日が終わると気が緩むのか早くベットで眠りたい。

 

私はこの欲求のままに行動しただけなのです。

 

「でも運動した後にしばらく経てばお腹がすいてくるんじゃないの?」と思う方もいると思いますが、運動後に自転車やバスで家まで帰るというのも多少の体力を使います。

 

そうしてやっと家にたどり着くと「シャワーを浴びて横になりたい!」という気持ちが非常に強くなります。

 

時にはシャワー後のビールの1杯でも飲みたくなります。

 

健康に気を使われている方は炭酸水の方が良いでしょう。

 

飲料水を飲んだ後は強い睡魔が襲いぐっすり眠ることができるはずです。

 

このような生活を1年間続けただけで私は気づけば4キロのダイエットに成功していました。

 

1週間に1回だけ、夕食抜きで好きなスポーツに打ち込む。

 

これが私のほとんど努力しないで成功したダイエット方法です。

 

コメントを残す