妊娠中に体重をコントロールするための適切なダイエット方法

お腹に赤ちゃんがいる時にダイエットをすると、子供の成長を妨げたり、免疫の低い状態にで生まれたきたりといったリスクが生じる場合があります。

 

妊娠している時に太ると、体調を崩す原因になってしまったり、出産時の母体への負担が大きくなったりします。

 

体重の変動に関しては、妊娠中は医師の定期健診を受けながら、支障はないかを把握する必要があります。

 

もしも妊娠中に体重が増えすぎたら、ダイエットをして体重をコントロールすることが必要になります。

 

妊娠中には羊水、循環血液量、胎盤、胎児などの重さが加わるため、普段よりも体重が増えます。

 

妊娠中の体重増加は、9キロから12キロ程度であり、それ以上に体重が多くなってしまったら、ダイエットなどで調整することが推奨されます。

 

体に負荷がかからない程度の運動で脂肪を燃やすことが大事なので、ウォーキングなどが適切です。

 

ウォーキングを行う時には20分~30分は続けるようにすると、体内に蓄積されている体脂肪を燃やしてエネルギーにできます。

 

この他、妊娠中に体を動かす必要があるなら、ピラティスやヨガ、マタニティースイミングなどがいいでしょう。

 

お腹の赤ちゃんの発育のためには様々な栄養がバランスよく必要になりますので、食事はきちんと摂りましょう。

 

食事はきちんと食べても、糖分や脂質が多いお菓子を食べすぎると肥満の原因になるので、控えるのが賢明です。

 

妊娠している時に体重が増加しすぎてしまったら、ダイエットで体重を減らすことが大切になります。

 

 

コメントを残す