妊娠中の体重管理とダイエットとの関係について

体に負担のかかるダイエットは禁物ですが、どのようにして妊娠中の体重を管理したらよいのでしょうか。

 

妊娠している時に体重が増加しすぎると、妊娠糖尿病や、妊娠高血圧症候群などの症状によって、帝王切開になる場合があります。

 

妊娠している時は普段にも増して体重管理が重要になりますが、妊娠中に過度なダイエットは厳禁です。

 

お腹の赤ちゃんは、短い期間で一気に成長するため、多くの栄養を使います。

 

胎児の発育を阻害しないためにも、妊娠している時はきちんと食事を摂って、子供の成長を助けるために必要な栄養を滞りなく与え続けることが、母体には求められます。

 

ダイエットのために運動量を増やすという方法もありますが、妊娠している時にハードな運動をすることはお腹の子のためになりません。

 

運動をしようと思っても、お腹が大きくて動くのがつらいので、妊娠中の人には適した方法ではありません。

 

妊娠期のダイエットは、身体に負荷が強くない方法を選ぶことが大事です。

 

ウォーキングや、マタニティーヨガは、妊娠期の運動に適しています。

 

ウォーキングで気分を一新し、全身の血液の巡りを良くして、むくみ対策をしましょう。

 

呼吸法に重点を置くマタニティーヨガは、実際の出産の際にも息を整える役に立ちますので、お勧めの運動法です。

 

妊娠している時にダイエットをする場合、自己判断で決めてはいけません。

 

医師の助言を受けて、体に負担がかからないように行いましょう。

 

 

コメントを残す