妊娠中の体重増加を防止するためのダイエット

妊娠している時は、いつもより多く食べているのにまだ食べたいという人が少なくありません。

 

妊娠中はお腹の中でもう一つの命がすくすくと育っている最中ですので、母体が摂取した栄養の一部は胎児の成長に使われています。

 

妊娠したばかりの時点ではつわりがあって食事がのどを通らない人もいます。

 

つわりは個人差がありますのでほとんど症状がない人もいれば、食べづわり状態になる人もいます。

 

食欲旺盛になっている場合、妊娠中の初期からどんどん体重が増加してしまうので、どうしてもダイエットが必要になります。

 

妊娠中の体重管理については、肥りすぎと判断されると、カロリー制限などが必要になると医師から注意を促されることがあります。

 

胎児が健やかに成長できる状態を維持するためにも、体重のチェックは常にしておくことが大切です。

 

急な体重増加は、妊娠中毒症の原因になる血糖値の上昇や、血圧の上昇に関わることがあります。

 

妊娠中にカロリーを控えた食事をするには、豆腐やしらたき、キノコ類など、カロリーの低い食材を意識して使うといいでしょう。

 

ボリュームはあるけれどカロリーの低い料理をつくるには、米を炊くときに一部をこんにゃくにしたり、パスタやうどんの代わりにしらたきを使うなどの工夫が役に立ちます。

 

しらたきやこんにゃくは栄養がありませんから、食べても太らないだけでなく、満腹感も得られるのでダイエットには最適な食材なのです。

 

胎児の健やかな育成を妨げないように、摂りすぎを抑えて低カロリーのものを優先して食べることが、妊娠中のダイエットで意識したいことです。

 

 

コメントを残す