リバウンドをせずに体重維持する

 

リバウンドのメカニズムを理解し、ダイエット後にもリバウンドをさせないことが大事です。

 

体重を減らすことができたらダイエットが完了するということにはなりません。

 

ダイエットがうまくいったと言い切るためには、一度減らした体重をそのまま維持することです

 

a1180_007827_m

 

一旦少なくなった体重でも身体は元の体重まで戻ろうとするメカニズムがあるからです。

 

ちょっとくらい環境が変化しても、例えば外部の気温に応じて体温が上下しないように体はできているのです。

 

風邪をひきにくい、丈夫な体であるために体脂肪は一定量は必要です。

 

何らかの理由でいきなり体重が少なくなったりすると、肌トラブルや免疫力が下がるなどの問題が起きることがあります。

 

リバウンドが起きるのは、体を今までどおりの状態にすることによって、健康な体づくりに役立てたいからです。

 

ダイエットを成功させ、かつリバウンドの予防に取り組むためには、食事メニューをどんなものにするかが重要になっています。

 

ダイエットに成功して体重も減ったからといって、急に好きな物を好きなだけ食べていてはすぐに体重は元に戻ってしまいます。

 

減った体重が元に戻らないようにするには食事と運動が大事ですが、ダイエットの最中ほどの制約はありません。

 

 

少なくした体重をそのままにしたい場合は、食事にしろ、運動にしろ、ある程度はやり続けることが求められるでしょう。

 

仮に、運動量が少ない日が続いたり食事が多すぎたりするならば、リバウンドしないように運動や節制をすることが求められるでしょう。

 

無闇な高カロリー食はやめて、体にいい適度な量の食事を心がけることが減らした体重を保つための条件になっているのです。

 

リバウンドのメカニズムを考慮に入れるなら、食べ過ぎは控え運動量を増やすことが大事になってきます。


コメントを残す