リバウンドが生じるメカニズムについて

buffet-315691_640

 

リバウンドとはいかなるメカニズムによって生じると思われますか?

 

無理なカロリー制限などはリバウンドがもたらされる原因に繋がると考えられています。

 

残念なことに、ダイエットのリバウンドとカロリー制限との関連性がどんな所にあるのかがよくわからないという方もはっきり言ってほとんどではないでしょうか。

 

リバウンドがダイエットしている間にひきおこされるメカニズムが把握できると、どのようにしたらリバウンドしないかもイメージを描きやすいようです。

 

一度は減った体重が再び増加して、なかにはダイエット前より太ってしまう現象をリバウンドと称します。

 

 リバウンドの仕組みにつきましては、ホメオスタシスという人間の性質と関連があります。

 

 

ホメオスタシスという機能があることで、人の体は、急激な環境の変化にも耐えることができるのです。

 

ホメオスタシスがあるために、体温は1年中いつも変わらず同じ温かさを保っています。

 

いきなり食事の量を増やしたり減らしたりすると、人体はホメオスタシスが機能してカロリーを燃やしたり、燃やさないようにすることで体重を保ちます。

 

遭難した時を想像してもらえれば簡単だと思いますが、食事などから摂取できるカロリーがいきなり少なくなった場合、ホメオスタシスが働いた人体は新陳代謝を低く抑えて残り少ないカロリーを大事に使います。

 

どうしても使わなければ生きていけない分だけのカロリーを消費しようとします。

 

ホメオスタシスが働いてできるだけエネルギーを使わないような体になっている時に、ダイエット前の食事量に戻せば、使い切れないカロリーが多く生じます。

 

リバウンドするのはそういった理由になります。

 

ダイエットとリバウンドの関係を把握することで、リバウンドのメカニズムを知り、リバウンドのリスクを上げないダイエットをするように注意をはらうことが必要です。


コメントを残す