ダイエット4年2日目 ダイエットに必須のタンパク質!でも必要な量はコンナモンなんですよね

起きてすぐの体重→トイレ後の体重
前日トイレ後との差
スタート時:65.1キロ→64.5キロ(身長:155センチ)
 
48.8キロ→47.9キロ
+500グラム
一ヶ月ぶりのヨガで筋肉痛かね?w
 
朝食:鮭おにぎり、ヨーグルト、野菜ジュース
昼食:焼肉、ロマネスコ、ご飯、ヤクルト
夕食:千切り大根
 
半身浴:20分
暑くて寝かせておいたPROPORTION BODY DRESSINGのファーブルゾンやっと着られましたダンス
 
案外ピンと来てないのかな?って感じたので今回はタンパク質の話です。…と言うワケでタンパク質って体内でどんなルートを辿っているのかって解説↓
 
体重50キロの場合1日に150グラムのタンパク質が寿命になってアミノ酸に分解されているんですよね。(筋肉もね)んで分解されたアミノ酸はアミノ酸の貯蔵庫に保管されるんです。
その失ったタンパク質を補充する為にこの貯蔵庫からアミノ酸を使って又タンパク質を作っています。この貯蔵庫で保管されているアミノ酸の中から更に毎日約40グラム廃棄されているのでこの分を食事で補う必要があるんですね。40グラムって言うと牛肉なら230~240グラムって感じになります。
ただ人が一度に取り込める量が約25グラムと言われているのでステーキなら約150グラムってトコロなんですよ。(実際のトコロはタンパク質って肉以外にも入っているので肉だけに拘る必要は無いです)
 
余談なんですけれどサイゼリヤ様のリブステーキって大体160グラムなの!コレもわたしがサイゼリヤ様を崇拝(←)している理由。
「サイゼリヤのステーキ食べると翌日体重が減る」ってご報告多いんですけれど当然と言えば当然で量も丁度良いからなんですよね。
 
今の時代ってダイエットでタンパク質は多いに越したことはないみたいな風潮がありますけれどタンパク質の過剰分はゴミにしかならないんです。
コレだと端折り過ぎて分からないかもですけれど取り込めないタンパク質は窒素に分解してしっことして出します。この作業にも以前から解説している通り肝臓様が働いてくれています。
ココで分解しきれないと実はそのまま腸に送られちゃうんですよね。その送られたタンパク質って腸内の悪玉菌の大好物なので腸内に悪玉菌が増えるって事なんです。
肉を食べると腸内環境が悪くなると言われているのはこう言う理由です。つまり食べ過ぎなければ大丈夫なんですよね。
同じ理由で肉を沢山食べる系ダイエットだと便秘しやすいっていうのはこう言う事なんです。
 
他の栄養素でも書いているんですけれど多ければ多いほど良いモノって無いんですよね。
実際には消化に使われるエネルギーの方が本体のカロリーより高い食べ物ってあるんです。よく例に出されるのがブロッコリーかしらね?だから食べれば食べるほど痩せるのか?って言われると「んなワケ無いだろ」とw
以前からわたしが疑問に思っている言葉に『食べ痩せ』があるんですけれど正直わたしは痩せる食べ物なんて無くて痩せるのは『バランス』だと自分では感じています。このバランスが無意識に出来るのが太らない人で出来ないのがわたしだなw
つまり『この食べ物が太る』ではなくて『こういう食べ方は太る』んじゃないかな?って…断言するけれど糖質や脂質だけじゃなくてタンパク質だって食べ過ぎたら太ります。
 
コレは自分に言い聞かせている事なんですけれど無意識に出来ないなら意識するしか無いんですよね。意識を積み重ねて習慣にすれば良いと思います。
 
だから極端に何かの食べ物を恐れたり逆に頼り過ぎたりしなくても大丈夫なんですよ(・∀・)ノ
 
 
 
以前に紹介していた記事ドコでしたっけ?とご質問が時々あるのでまとめました↓ 
 
 
 
すみませんがご質問はコチラの体質改善プログラムとブログトップのメッセージボードを一通り読んでからでお願いします。

あとわたしの食事記録はかなり大雑把なので焼肉って書いてあってもポークソテーだったりラムソテーだったり様々ですしプチトマト1個やレタス1枚とかポテトサラダ一口は書いてないです。
 
Source: 47才 ダイエットで15キロ痩せました。@体質改善ダイエット Copyright © 2018 みんなのダイエット All Rights Reserved.

コメントは受け付けていません。