ダイエットの成功方法と注意点

286634

 

私が以前実践したダイエットの方法をお教えします。

 

まず目標体重を自分の現在の体重から無理のない範囲で設定する事をお勧めします。

 

もし現在の体重が60kgなら55kg程度が良いでしょう。

 

目標体重を大きく設定しすぎるとダイエットがなかなかうまく進まないような気がして長く続けられないので、理想としては一カ月に2kgのペースで体重を落としましょう。

 

急激に体重を落とすと、かえって脂肪を溜め込みやすい体質になりますし、食事制限によるリバウンド(ダイエット後のドカ食い)につながります。

 

無理のない食事の量で、食欲を毎日少しづつ我慢していたら痩せた、というような理想的なダイエットをご紹介いたします。

 

 

カロリー制限について

 

普段、もし一日3食、もしくはそれ以上召し上がっている方は、カロリーの多い食事を夕飯から朝、もしくは昼にずらしましょう。

 

基本的にカロリーの高い食品は朝や昼に食べた方がエネルギーに変わるので、ダイエット期間中は夜の食事は400kcal以内がおすすめです。

 

なぜかと言いますと、夜に栄養を摂取してもそのエネルギーは使われることなく、そのまま睡眠してしまうと、体が脂肪としてエネルギーを蓄える構造になっているからです。

 

食事に関しては、朝や昼に高カロリーを食べてしまった場合は夜に軽く食べて終わりにする事が大切です。

 

食事制限だけではなく有酸素運動と無酸素運動を有効に活用して体をさらに引き締めましょう。

 

ダイエットは食事制限だけでも可能ですが、食事を抜いて筋肉も落としながら体重を落としても、完成したからだはただの栄養不足の筋肉の落ち切った体でしかありません。

 

健康的にダイエットするためには普段からの運動が大切です。

 

運動と言ってもジムに通ったり、本格的なトレーニングをする必要はありません。

 

まずは日常生活でウォーキングを取り入れる事をお勧めします。

 

天気が悪い日などは自宅でのスクワットや爪先立ち運動もおすすめです。

 

ウォーキングはジョギングと比較して疲れにくいので、運動が苦手な人でも始められますし、膝にかかる負担も少ないデの体重が重たい方でもできる運動です。

 

ウォーキングより更に筋肉を多く使うダイエットに効果的な運動がスクワットです。

 

スクワットは下半身の筋肉をまんべんなく刺激するだけではなく、成長ホルモンも出やすい運動なので、筋肉の生成などにも効果的です。

 

トレーニングメニューは、毎日スクワット50回(深く沈み込む必要はありません)

 

爪先立ち100回で十分です。

 

更に夕食後にウォーキングを20分から30分、組み合わせる事も痩せやすい体作りには効果的です。


コメントを残す