玄米でダイエットを成功させましょう

a5ad659265b900a2bd90afa3f19af0d9_s

 

ダイエットに玄米を使うことは、体重を減らすばかりでなく、健康効果や、美容効果も期待できます。

 

健康への関心が強い人の中には、普段から白米を主食した食事ではなく、玄米を食べているという人が多いといいます。

 

玄米のもつ健康効果や、美容効果とは、果たしてどういったものでしょう。

 

玄米が健康効果があり、お肌にもいいとされているのは、玄米自体がたくさんの栄養を含有しているからです。

 

玄米から摂取できる栄養成分として、お肌をきれいにしてくれるビタミンBや、各種ミネラルがあります。

 

豊富な食物繊維を含んでいることも、玄米がダイエットによいとされている要因の一つといえます。

 

ダイエットに適した食事をするには、玄米から補給できる食物繊維は見逃せません。

 

毎日の食べ物に玄米を取り入れることで、ダイエットを目指している人はたくさんいます。

 

 

普段の食事メニューの中から、白米ではなく玄米に変えるだけのダイエットなので、とても簡単にできます。

 

いきなり玄米食にするのはきついと感じるならば、慣れるまで玄米3に対し白米1をブレンドするのもいい方法でしょう。

 

カロリー摂取量のコントロールがダイエットでは重要だといいますが、カロリー以外にも留意点があります。

 

血糖値が急激に上がる食べ物を摂っていると、太りやすくなります。

 

血糖値の上がり方は食べ物によって違っており、特に食物繊維が含まれていると上がり方は緩やかです。

 

ダイエットを意識した食事改善をしたいなら、カロリーは変わらなくても血糖値の上がり方がゆっくりになる玄米がおすすめです。

 

玄米によるダイエット効果のメカニズム

 

体に必要な栄養が揃っており、少ないカロリーで済むことから、玄米はダイエットに適した食べ物です。

 

玄米といえば、健康にいい食べ物として広く知られていますが、ダイエットのために食べている人もいます。

 

食べたものを体の中でどのくらい消化吸収できるかは、栄養価や、カロリーを判断する時に欠かせません。

 

ものを食べた時、食べ物の糖質が血糖になるスピードを表すGI値というものがあり、食材によって違います。

 

GI値は、ダイエットを何度かしている方でも関心を持っていない方もいますが、実際のところ、GI値はダイエットと密接に関わっています。

 

白米はGI値70、玄米はGI値50ですので、GI値で見ると大きな違いがあることがわかります。

 

お腹がふくれた感覚は玄米のほうがゆっくりと感じられてきて、満腹感が長時間持続するということが、GIから読み取れるということになります。

 

白米より、玄米を主食にしたほうが、食事後に時間がたっても空腹感を感じづらくなるので、おやつやつまみ食いをしなくてすむでしょう。

 

ガンマオリザノールという玄米のぬかの中に含まれているという成分は、脂質の多い食べ物を食べたいという欲求を軽減する作用があると言われている成分です。

 

玄米は、食べれば体重が減るという便利な存在ではありませんが、白米より満腹感が長く続き、結果的に1日の摂取カロリー量を少なくすることが可能です。

 

もしも、ダイエットを成功させたいと考えているなら、白米から玄米に切り替えるのもいい方法です。

 

ダイエットのために玄米を食べたいけれど、玄米の食感が苦手だという人は、白米と1:1で混ぜたり、発芽玄米を用いるなどするといいでしょう。

 

玄米がダイエット成功をもたらす理由

 

多くの人が、ダイエットに玄米を活用しています。

 

ダイエットにいいと言われる食材は色々なものがありますが、玄米のダイエット効果とはどういったものでしょう。

 

ビタミン、、食物繊維といった体にいい成分が玄米には豊富に含まれており、美容やダイエットにいいものだとされています。

 

玄米のダイエットが注目されてはいますが、玄米自体のカロリーは白米と同程度となっています。

 

玄米は、白米と同じカロリーであるにもかかわらず、白米よりはるかに様々な栄養素を含んでいることが、ダイエットにいい理由です。

 

また、食物繊維が多いことから、玄米は便秘にもいいと言われています。

 

代謝を高める作用があり、ダイエットの効果が実感しやすい体質になります。

 

食後の血糖値の上がり方がゆっくりなるので、食事から得たカロリーは効率的に少しずつ使えます。

 

様々なダイエット方法がある中で、簡単にできるからと食事を減らしている人は大勢いるのではないでしょうか。

 

食事からのカロリー摂取量を少なくすることは手っ取り早いダイエットの方法ですが、継続させることはなかなか困難です。

 

食事から摂取する栄養が偏らないようにするためには、栄養豊富な玄米を活用するといいでしょう。

 

玄米は、白米ほどたくさん食べずとも、お腹がふくれた感じがします。

 

それは、しっかり噛まないと玄米は食べづらいからです。

 

ダイエットを成功させるには、簡単な方法で続けやすいものがといといいますが、玄米ダイエットは主食を変えるだけなので、とても楽なやり方です。

 

 

 

コメントを残す