ウエストのダイエットには準備が大切

155481ウエストを引き締めたい時に行うといいダイエット方法とは、どんなものでしょう。

 

ウエストダイエットは、手軽に行えるエクササイズですので、基本さえ分かってしまえば誰にでも行えるダイエット方法です。

 

重心が体の中心になるように、背筋を伸ばして立つことがウエストダイエットの基本です。

 

準備運動をして体を温め、いい姿勢でエクササイズを行うことが、ウエストダイエットを成功させるためには大事なことです。

 

腰まわりの筋肉をしっかり使うためには、運動時の姿勢をよくすることが欠かせません。

 

腰の筋肉を動かすことが、ウエストダイエットでの基本になるので、エクササイズ中はいつも意識しておくことが大切です。

 

エクササイズでウエストダイエットをしたいという時に、心がけたいこととは何でしょう。

 

まずは、体に力を入れずに、リラックスして立ちます。

 

そして、おへその下にグッと力を入れて、背筋を伸ばしてお尻を引き締めます。

 

それから、軽く全身運動をすることで、体の筋肉を温めていきます。

 

筋肉がまだ固い段階で無理のかかる運動をすると、筋肉が強ばっていて姿勢がおかしくなったり、骨盤のズレが余計にひどくなってしまったりします。

 

腰を左右に回して筋肉を柔らかくするだけでなく、膝を曲げたり伸ばしたりすることで膝の筋肉も使いましょう。

 

ウエストのダイエットをする場合には、正しい姿勢によって、しっかり準備運動することが、ダイエット効果を上げるためにも大切になります。

 

 

ウエストダイエットのエクササイズの手順

 

よく行われているウエストダイエットの運動とはどんなものでしょうか。

 

円をかく要領で、腰を回すことが、エクササイズの基本となります。

 

おへその下にグッと力を入れて、お尻を引き締めて、背筋を伸ばした姿勢で立ちます。

 

そのまま、腰を大きく回しましょう。

 

 

右、前、左、後ろの順に、弧を描くようにして腰を動かしていきます。

 

少しだけお尻を出すように腰を回すやりやすいですが、ウエストダイエットの効率を高めるには、お尻はあまり出さないようにしましよう。

 

腰を回したら、反対側にもう一度腰を回します。回転方向を逆向きにしましょう。

 

交互に行うことでダイエットがしやすくなります。

 

左回り、右回りでワンセットとして10回くらい行うことによりウエストダイエット効果が得られます。

 

腰を回してウエストダイエットをする方法もありますが、腰を揺らすことによって行うエクサイズでのダイエットもあります。

 

腰を振る方法も、まずは背筋を伸ばした基本の姿勢で立ちます。

 

両手を丹田の場所に乗せて、足は大きめに開き、腰を揺らす運動に取りかかるようにすることがポイントてず。

 

腰を揺らし、体の真ん中にあった重心を、ゆるやかに右足へと動かしていくことで、腰周りの筋肉を使っていきましょう。

 

腰を揺らすことで、体の重心を中央、右、中央、左といった順番に、ゆっくりと移動させていくエクササイズです。

 

あとはこのエクササイズを繰り返すだけなので、誰でも簡単にできるのが特徴のウエストダイエットの方法です。

 


コメントを残す