【朗報】朝食を抜くと寿命が伸び、体調不良も解消される事が判明!

post_11154_morning
1: 名無しダイエット 2018/08/17(金) 23:05:30.61 ID:1qDAjNJUH●.net BE:324064431-2BP(2000)
朝食が「健康に重要」はウソ!『朝ごはんが病気をつくる』4つの真実 「 朝食を摂らないと頭が回らない… 」
「 1 日3食しっかりと食べないと健康に悪い… 」 それって本当? 現在、多くの研究の間では朝食の有害性が指摘されています。 しかし、その手の情報をテレビや雑誌といった一般メディアで「ほんの少し」でも見聞きしたことはありますか?ないですよね。 それは マスメディアの巨大スポンサーが大手食品企業だからに他ならず、彼らに不利益を与える情報は絶対にあってはならない からです。 しかしなぜ、「朝食」なのか。 あなたも子供のころは「イヤイヤ朝食を食べていた」のでは?しかし、今では当たり前に受け入れているのではないでしょうか。 本来、午前中は人間の生理機能では「排泄時間」にあたり、体内の清掃を促がすホルモン「モチリン」は食事によって停止してしまうことが分かっています。 このホルモンは空腹時間が延びるほど分泌量が増加するので、感受性の高い子供が「朝食を嫌がる」のにはむしろ当たり前なのかもしれません。 そして、そこに付けこんだビジネスが、1日3食の「朝食文化」発展です。 事実、アトピーや、ガン、糖尿病、高血圧といった各種疾患は現代栄養学が普及し、「1日3食の重要性」を発信し始めた40年代~50年代に端を発しており、それ以前は朝食を抜いた1日2食が一般的でした。 ・・・・・ さて、朝食って本当に重要なのでしょうか…?
http://suimin30.com/breakfast-kenkou/


続きを読む

Source: ダイエット速報 2ちゃんねる Copyright © 2018 みんなのダイエット All Rights Reserved.

コメントは受け付けていません。