夏バテ回復に食べたい野菜で打線組んだ

no title
1: 名無しダイエット 2018/08/02(木)21:22:30 ID:lJz
1中 モロヘイヤ 原産:西アジア
茹でたとき出るあのネバネバで弱った胃を保護、何気に夏野菜屈指のビタミン含有量を誇る
そうめんしか入らん…ってときはこれのおひたしがあるだけで栄養バランス全然違う

2二 きゅうり 原産:北インド(?)
Jではバカにされがちだが、暑さによって溜まる疲れを取り除く効果あり。
暑い季節に本領を発揮する仕事人 3遊 トマト 原産:南米アンデス山麓
ご存じ夏野菜筆頭。ビタミンは露地物トマトのほうが豊富だが味はハウス栽培が上。
赤いリコピン色素は暑さから来る疲労を和らげる、外側の皮は実は消化が悪いので、
欲を言えば剥いて食べたい 4左 ヤマノイモ 原産:日本(?)
最も効果のある夏バテの特効薬、植物質の食べ物でこれより効くものはスーパーには売っていない
ムチンのネバネバが胃を保護し、ジアスターゼが消化を助ける、調理がめんどい人は外食で食べても
効果はある。 5一 オクラ 原産:北東アフリカ
ネバネバ系で調理がしやすい野菜、ビタミン、ミネラルのバランスもよく価格も比較的手頃で
食卓に取り入れやすい。おすすめは刻んで冷奴の上にのせる食べ方、見た目も涼しげで夏向き 6三 ツルムラサキ 原産:中国南部~東南アジア
なじみが薄い人もいるがこれも強力な夏バテ特効薬、東南アジア原産で炒め物に使ったり
おひたしに使ってもよい、ビタミンACEを豊富に含み紫外線ダメージからの回復を助ける。 7補 ヨウサイ(空芯菜) 原産:東南アジア
中華料理の炒め物によく使われる。ホウレン草に近いビタミン量と、小松菜に近いカルシウムを
併せ持つ栄養価の高い野菜、夏に旬を迎えて価格が安くなる、卵と一緒に炒めるとそれだけでご飯の友になる 8右 シソ(大葉) 原産:中国南部(?)
さわやかな香味で食欲を増進させる効果がある、カロテン含有量が全野菜中でもトップ5に入る栄養野菜、
値段も安く調理も楽なので取り入れやすい野菜と言える。 9投 ツルレイシ(ゴーヤー) 原産:南アジア
沖縄料理ゴーヤーチャンプルーに使う食材としてすっかりおなじみのゴーヤー、熱によるビタミンCの破壊に強い、
独特の苦味が胃の動きを助ける等、夏にもってこいの野菜といえる。やはりチャンプルーで食べるのが一番美味しいと思う、
こだわるならぜひスパム缶を使って作ってほしい、ご飯の進み具合が違う


続きを読む

Source: ダイエット速報 2ちゃんねる Copyright © 2018 みんなのダイエット All Rights Reserved.

コメントは受け付けていません。