ダイエットと断食

girl-691612_640

ダイエットには様々なやり方がありますが、中でも最近関心を集めている方法は、プチ断食でのダイエットです。

 

短期間で効果の高いダイエットをしたいという人は、プチ断食という3、4日で終了するダイエット方法がいいといいます。

 

ダイエット期間がごく短いので、長期間にわたるストレスに耐えながらダイエットをするということをしなくても痩せるとが可能です。

 

 

断食というと宗教的なものを思い浮かべる人がいると思いますが、あまり長く続けるとそれだけ体に負担をかけるので、注意が必要です。

 

断食は、やりすぎると体の具合を悪くしてしまいます。また、リバウンドのリスクも上がりますので、ダイエット向きとはいえないのです。

 

もともと、ダイエットをするならば短期間で体重を減らすのではなく、少しずつ時間をかけて徐々に体重を減らしていくというやり方がおすすめです。

 

ですが、長期間のダイエットをするためには、長い間好きなものを食べない状態を続けたり、苦手な運動をやり続ける必要が出てきてしまいます。

 

ダイエットをすることがストレスになって、続けることが苦痛になってしまう方もいます。

 

ストレスに対処せずにダイエットを続けていると、精神的な抑圧が予想外の方向に噴出する可能性もあります。

 

ストレスの反動で食べる量が増えてしまったり、ひどい場合にはダイエット前よりも、体重が増えてしまうという事もあります。

 

ストレスに対して我慢がきかなくなって、ダイエットを途中でやめざるをえなかったという人も少なくありません。

 

一方、期間が明確に区切られているプチ断食ダイエットならば、ゴールが明確であるため、モチベーションが維持しやすいといえます。

 

断食ダイエットの効果とは

ダイエットに断食を利用する方法は、減量効果以外にも、様々な健康効果が得られると言われています。

 

人体に滞っていた老廃物や毒物を、断食をすることで体の外に出すことが可能です。

 

人間の体は、食べたものからエネルギーや栄養素を得ています。

 

そして、食べてから約18時間後に不要になった成分を体の外に出します。

 

食べた食事の量による摂取エネルギーと運動による消費エネルギーのバランスが、体重の増減に大きく関わってくることは誰もが知っていることです。

 

もしも、運動や活動で消費しきれない量のカロリーを食事によって摂取していると、体内には使い切れなかったカロリーが蓄積されます。

 

消費しきれなかったカロリーは、体内に残り続けることになってしまいます。

 

余剰のエネルギーは体の中に溜め込まれ、体にダメージを及ぼすようになります。

体内に留まっているいらない成分を一つ残らず出してしまうために、一度断食をして体の中をきれいに掃除することが、健康のためにもいいと言われています。

 

食べたものを消化するために酷使し続けていた内臓に休息を与える効果も、断食によるダイエットにはあるといいます。

 

たくさん食べる人の場合は、消化器官は休みなく働いている状態であり、これが続くと消化不良を起こすなどトラブルの原因にもなります。

 

消化に用いられる内臓をしばらく休ませ、リフレッシュさせることが、断食を使ったダイエットでは可能だといいます。

 

断食ダイエットを行えば、体重を減らせることと同時に、体内の消化力がよくなっていることがわかるのではないでしょうか。

 

断食ダイエットの注意すべき点とは

断食ダイエットをする時に、気をつけなければいけないことは一体何でしょうか。

 

ダイエットのために断食を行う場合、ただ食事を抜くだけでは断食にはなりません。

 

運動をメインとするダイエットなどは自己流でも問題はないですが、断食の場合、方法を誤ると減量ができなかったり、体を壊してしまったりします。

 

断食によるダイエットは、できることならば、医師などの専門的な知識を持っている人の指導の下にダイエットするのが理想です。

 

中には、断食が可能な施設が近隣にないという人や、断食指導が可能な人がどこにもいないことがあります。

 

もしも、1人で断食ダイエットをするのならば、正しい断食ダイエットとは何をすることかについて、十分に下調べをしておきましょう。

 

減量のために行うとはいっても、断食ダイエットをする時は、やりすぎないように気をつけましょう。

 

体重を減らしたいといっても、あまり激しいダイエットをしすぎると、病気になったり、精神の平衡がとれなくなって摂食障害などの原因になります。

 

スリムな体になりたいといっても、健康状態を悪化させるような方法はやめましょう。

 

大幅な体重減を目指すのではなく、太り気味で気になる体重を少しだけ減らしたいといった場合に、短期間に限り実践するようにしましょう。

 

断食ダイエットを長期スパンで行いたいという人は、断食の専門家に指導をしてもらいながら、常に確認を受けつつ断食をすることが重要になります。


コメントを残す