機能性食品とは

機能性食品とは、文部省が1986年に定義した概念です。 機能性食品は、健康に興味がある人が、盛んに利用しています。 食品には、3つの要素があるとしています。 栄養機能とはカロリーや栄養のことで、人体を保つために必要です。 感覚機能とは、味わい、風味、おいしさなどがあてはまります。 体をよりよいコンディションにするために、病気予防効果などは体調調節機

続きを読む

コラーゲンとヒアルロン酸とは

コラーゲンとヒアルロン酸は、健康や美容に効果的な成分という事で今、とても人気があります。 保湿力があるというヒアルロン酸やコラーゲンは、関節痛の解消にいいため、同時に使う人もいるようです。 使い方が似てはいますが、コラーゲンとヒアルロン酸とは、体に及ぼす影響が違います。 細胞同士のつながりをスムーズにする効果が、コラーゲンにはあります。また、ハリのあるしっとり

続きを読む

コレステロールを下げる食事メニュー

食事とコレステロースは、密接につながっています。 一般的な知識として、血中コレステロールが多くなりすぎると、病気へのリスクが上昇します。 食事を工夫したり、適度な運動を習慣づけることで、コレステロールをコントロールしようとする人も多いと思います。 果物、大豆や大豆加工品、キノコ類、青魚などを意識して食べることで、コレステロールを低くしておけます。 コレステロール

続きを読む

コレステロールを下げる食事のコツ

血中のコレステロールを下げる食事は、生活習慣病の増加とともに注目されています。 一体、どんな食事をすることで、コレステロールを下げることができるものなのでしょうか。 朝は和食メインの食事にすることで、コレステロールの高いバター、ベーコン、卵等を使わずとも食事ができます。 コレステロールの少ない洋食の朝食にしたい場合は、高リノール酸を使ったマーガリンや、脂肪量の少ないハ

続きを読む

コレステロール値を上げにくい食生活

最近、食事から摂るコレステロールによる生活習慣病などが問題になっています。 コレステロールの上昇を抑制するような食事のメニューにすることが、健康増進のポイントであるといえます。 では、どういった点に配慮することでコレステロールを上げないようにできるでしょうか。 コレステロールの多い食事をしていると、血中コレステロールが高くなるという印象がありますが、事実はそれだけでは

続きを読む