ワキガの手術について

ワキガの手術にはいくつかの方法がありますが、ワキガの原因であるアポクリン汗腺を切除するというやり方があります。

 

ワキガ手術にかかる費用は、もしも自由診療なら、片方それぞれ10万円~15万円ずつが平均の金額です。

 

保険が適用できるワキガの手術ならば、両脇5万円ほどで受けられます。

 

 

089982

アポクリン汗腺という汗腺が脇のしたにあるために、ワキガになるといいます。アポクリン腺から出る汗は、通常のエクリン腺から出る汗とは異なり、白い乳白色をしています。

 

脂質やタンパク質が多く含まれており、その汗にワキの皮膚やワキ毛に住んでいる雑菌が、繁殖することによって、ワキガが発生します。

 

ワキガを治療するためには、手術によって、汗を分泌するアポクリン腺の除去が必要になります。

 

剪除法という手術は、脇の下を切り開き、アポクリン腺を除去します。

 

吸引法で、アポクリン汗腺を吸引する手術方法もあります。

 

吸引法では、脇の上側に1センチほどの切り込みを入れて、専用の器具をそこから差し込むというものです。

 

差し込む器具は、脂肪吸引手術にも使うカニューレという機械で、アポクリン腺をそのまま吸い上げるという仕組みです。

 

吸引法であれば、傷跡が残りにくく、色素沈着も起きにくくなります。

 

また、皮膚を切開する部分は小さいので、その日に帰ることできるので、入院する必要はありません。

 

ワキガ対策クリームならクリアネオ

ワキガの原因や手術による治療

ワキガとは、脇の下にあるアポクリン汗腺の汗が、雑菌の繁殖のもとになった時に、嫌な匂いを発するようになる状態のことです。

 

汗のみの状態であれば、ワキガ特有の匂いを出すことはありません。

 

雑菌が増えないように工夫をすることで、ワキガの匂いがしない状態にすることが可能です。

 

ワキガ対策として、雑菌が増えないように制汗スプレーや石けんを用いるという方もいます。

 

また、皮脂の分泌を防ぐために、油っぽいものをあまり食べないように気をつけている人も多くいます。

 

ところが、体質によっては皮脂はどうしても多く分泌されます。

 

そうなると、脇の下を清潔な状態にしていても、食事を改善しても、ワキガの予防は難しくなります。

 

ワキガの問題を根絶するために、ワキガ治療の手術を受けるという人もいます。

 

ワキガの原因となるアポクリン汗腺を、手術によって取り除くという手法であり、アポクリン汗腺がなければワキガの原因になる汗をかきません。

 

アポクリン汗腺がなくなれば汗が出ず、脇の下に雑菌がいても繁殖することはありません。

 

アポクリン汗腺の除去には、皮膚を切開して直接除去するという方法や、皮膚に小さな穴を開けてそこから器具を挿入して除去するという方法があります。

 

レーザーを皮膚の上から照射することで、アポクリン汗腺の機能を失わせるという治療方法もあります。

 

ワキガの悩みには手術が有効

ワキガに悩まされている人は大勢いますが、中には手術でワキガを治療したという人もいるようです。

 

体臭は、自分ではなかかな気づきにくいものです。

 

周囲の人に嫌な思いをさせていないか気がかりな人もいるでしょう。

 

ワキガ体質の可能性が高い人は、耳あかが湿っている人、衣服の脇の下部分に黄ばみができてくる、生まれつき体毛が濃い、親がワキガであるなどがあります。

 

ワキガとは、生来の体質で体に悪いものではありませんが、程度によっては美容皮膚科で治療をするといいでしょう。

 

美容皮膚科での治療に、皮膚表面に電磁波を照射し、汗腺を破壊して発汗やニオイの発生を抑えるマイクロウェーブ治療があります。

 

片ワキ約20分で麻酔を使用するのでほぼ無痛で、効果は半永久的です。

 

ボトックス注射で、一時的に発汗を抑制するという方法もあります。

 

半年から1年ほど、効果が持続する方法です。

 

剪除法という手術では、ワキガの臭いのもとになるアポクリン腺を切除します。

 

メスを用いる手術なので、3~5センチの手術痕が残る場合がありますが、汗腺をまるごと取り除くため、手術効果は期待できます。

 

5万円程度の手術費用で、保険を適用してできるワキガ手術もあります。

 

比較的負担が軽いメスを使用しない治療法や、高い効果が得られる手術があります。

 

ワキガの症状の度合いにより治療法が異なります。まずは、専門医に相談することが大切です。


コメントを残す