エステの光フェイシャルとは

 

エステで光フェイシャルを受ける人が増えているといいます。

 

一体、エステでできる光フェイシャルとはどんなものでしょう。

 

アメリカ発祥の、アンチエイジングを目的としたエステの施術が、光フェイシャルと呼ばれるものです。

 

特殊な光を皮膚にあてることによって、お肌の若返り効果をもたらすことが、エステでの光フェイシャルの目的です。

 

 

5352db705d205388a69283bd94ad371e_s

 

お肌のみずみずしさを保つコラーゲンをつくるための細胞の働きを活発にするために、お肌に光をあてるという施術が、光フェイシャルでは行われています。

 

光フェイシャルは、お肌のメラニン色素や、オキシヘモグロビンに働きかけ、肌の赤みや、しみの解消が可能です。

 

光フェイシャルの施術を受けることによって、シミ、そばかす、くすみ、、たるみ、毛穴の開きといった肌トラブルを肌の内側から改善することが可能です。

 

お肌のアンチエイジング効果があることが、光フェイシャルのメリットです。

 

エステや、美容クリニックよって、光フェイシャルを利用することができます。

 

光フェイシャルを何回か行うことで、だんだんと美肌効果を高めることが可能です。

 

顔のたるみを改善して小顔になる効果や、フェイスリフトの効果があることも、光フェイシャルのいいところです。

 

光フェイシャルは色々なお肌の問題を解消することが可能ですので、肌トラブルに困っている人は、利用してみるといいでしょう。

 

エステで施術される光フェイシャルの方法

 

さまざまな肌トラブルを改善できるエステの方法として、光フェイシャルの人気が高まっています。

 

光フェイシャルをエステで受ける場合、どういった内容で施術が行われることになるのでしょうか。

 

エステやクリニックで、抗老化作用を高めるために受けられるものが、光フェイシャルとなります。

 

まずは、お肌の状態を確認します。皮膚が乾燥しているか、肌タイプはどのようなものかを確認した上で、適切な光フェイシャルの方法を決めていきます。

 

肌の様子を確認し、光フェイシャルをどのように施すか決めたら、実行段階に入ります。

 

皮膚を洗い、汚れのない状態で、冷却ジェルを肌につけます。

 

アイカバーをつけて、光が目に入らないようにした上で、皮膚へと光をあてて、お肌の美容効果を高めていくステップに入ります。

 

カメラのフラッシュを当てられるような感覚で痛みはほとんどありません。

 

光をあて終わったら、ほてった肌を冷ますために、ヒアルロン酸やコラーゲンを含むローションでお肌をパックケアしていきます。

 

光フェイシャルは、施術終了後に、洗顔もできますし、化粧もできます。

 

光フェイシャルを受けた後は、お肌が刺激に弱くなっているため、紫外線の影響を受けやすくなっています。

 

紫外線予防はしっかり行いましょう。

 

光フェイシャルによる施術をした後は、入念に保湿しないと、肌が乾燥しやすくなっています。

 

痛みがほとんどないこと、施術にかかる時間が短いことが、光フェイシャルの利点です。

 

気楽に利用できることからたくさんの人が施術を受けています。

 

光フェイシャルを受ける時の注意点

 

光フェイシャルは、さまざまな肌トラブルの改善やアンチエイジング効果で今人気の施術方法です。

 

たくさんの人が光フェイシャルを活用しているといいますが、どんな点に注意をして施術を受けるといいのでしょうか。

 

光フェイシャルの美容効果は、1度の施術で完了するものではありませんので、数ヶ月おきに施術を受けなければならないといいます。

 

光フェイシャルを受けると、次の日には化粧がしやすくなるといいますが、一回の施術では、さほど劇的な美白や、除毛の効果はないといいます。

 

もともと、光フェイシャルは、肌に負担がかからないように、ゆっくりと肌を変化させていくものなので、昨日今日での変化はごくわずかなものです。

 

一ヶ月に一回ずつの光フェイシャルを5回から6回行うと、必然的に施術費用がかかってしまいます。

 

妊娠中の人や糖尿病やてんかん発作の既往のある人などは光フェイシャルを受けることはできません。

 

身体的な疾患がある人は、光フェイシャルを受ける前に医師に問題がないかを聞いておく必要があります。

 

濃い日焼けの人も、光フェイシャルを受けるべきではありません。

 

内臓にトラブルがある人も要注意です。

 

気がかりなことがあれば、カウンセリングの時点で聞いておく必要があるでしょう。

 

肌質によっては、光フェイシャルの光に対するお肌の反応が激しすぎて、黒点状のしみができてしまうことがあります。

 

永久に残るわけではなく、歳月の経過と共に薄れてはいきますが、敏感肌の人は注意が必要です。

 

信頼性の高いエステサロンやクリニックを選択し、じっくりとカウンセリングをしてから光フェイシャルをすることが大切です。

 


 

コメントを残す