更年期の髪の悩み

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

 

髪の悩みというのは、更年期に入ると多くなると言われています。

 

40代に入ると女性ホルモンの分泌量が減少し、髪の成長期が短く、休止期が伸びます。

 

頭髪の数が少なくなるために、髪のボリュームが減って見えます。

 

一つの毛穴から生える髪の数も、徐々に少なくなるといいます。

 

一気に髪が少なくなったように感じるため、髪の悩みを感じる女性が増えます。

 

 

 

頭頂部が、女性の薄毛がスタートする部位だといいます。

 

なかなか目が届きにくい部位ですが、鏡などで確認してみるといいかもしれません。

 

髪が薄くなってきたら、悩み続けるよりも深刻化する前に、早めに対応をすることです。

 

薄くなる一方の頭髪を見ていると絶望的な気持ちになる人もいるかもしれません。

 

とはいえ、すべきことは落ち込むことではなく、髪にいいことをコツコツとやっていくことでしょう。

 

紫外線から頭を守ることや、食事を見直すこと、マッサージなども効果的です。

 

40歳をオーバーすると、地肌から分泌される油脂の量も減りますので、若い頃のままのシャンプーでなくてもよくなります。

 

髪質や、地肌の状態に合わせてシャンプーを選び直すことによって、髪のコンディションを改善し、髪の悩みの対策を講じることができます。

 

髪の悩みと育毛剤について

 

塗るタイプや飲むタイプの育毛剤など、最近はいろいろな種類があります。

 

その中でも飲む育毛剤は、発毛や育毛によい成分を口径から摂取する事で、体の中から育毛促進できるのです。

 

飲む育毛剤を使う時には、頭皮に塗るタイプの育毛剤より、副作用が起きやすいことを知っておきましょう。

 

サプリメントタイプ、フィナステリドタイプ、ミノキシジルタイプと、3種類の飲む育毛剤が、今は存在しています。

 

いずれの場合も、さほど重篤な副作用が起きる心配はないといいますが、それでも、扱いは気をつけるべきでしょう。

 

あまり副作用が強くないと言われているフィナステリドは、性欲が減ったり、胃の痛み、頭の痛みなどが発症しがちです。

 

ミノキシジル系の飲む育毛剤の副作用としては、全身のほてりや、めまい、多毛症などの症状があらわれる場合もあるようです。

 

最も多い副作用は、頭皮の痒みです。

 

ミノキシジルの育毛剤を摂取することで、アレルギーの症状が出て、皮膚の湿疹や、かぶれがひどくなったりもします。

 

ミノキシジルは高血圧の治療薬としても利用されるため、育毛剤を飲んだことで低血圧になる場合もあるようです。

 

副作用が比較的少ないものは、サプリメント系の飲む育毛剤だといいます。

 

医師から処方されている薬を常用しているという人は、飲む育毛剤を使う前に、病院で話を聞きましょう。

 

髪質の悩み

 

髪の悩みと言うのは、うねりや縮れなどから、髪が思い通りにまとまらないなどいろいろとあります。

 

特に湿度の強い日は髪の癖が出やすく、髪が広がりやすく悩みの種になります。

 

髪に含まれるたんぱく質は一律ではありませんので、湿度の高い日にたんぱく質が水分を含むと、髪のふくらみ具合が偏って、髪が縮れやすくなるといいます。

 

髪があちこちの方向にねじれていると、光を反射する方向が変わります。

 

これが、髪の艶が減ったように見えてしまう原因だといいます。

 

寝癖や、髪のうねりは、毎日のお手入れで改善することが可能です。

 

髪質の悩みを感じている人は、髪のお手入れ方法を見直してみるというのも一つの方法です。

 

まずは自分の髪の性質を、知ることから始めましょう。

 

髪質によっては、縮毛矯正や、ストレートパーマで、なめらかな髪に戻すことが可能です。

 

髪を傷めないためには、どんな風な扱いをすればいいかを確認することも重要です。

 

髪を洗った後、ブラッシングをしてキューティクルの方向を揃えたり、ドライヤーは使いすぎず適度に乾燥させることも重要です。

 

髪の手入れには何をすればいいか理解することで、髪の悩みを改善することが可能です。

 

ダメージヘアの悩み

 

髪の悩みで多いのは、ダメージヘアの悩みです。

 

枝毛や髪のぱさつきが悩みと言う人は大勢います。

 

髪のタイプは人それぞれですが、髪にいい生活や食事をすることは不可能ではありません。

 

健康できれいな髪であり続けるにはどんなことが効果的でしょう。

 

髪の構造は、海苔巻きに似ているといいます。

 

髪は外側から三層に分かれています。

 

いわばキューティクルが海苔、コルテックスがご飯、メディラが具となります。

 

海苔巻きの海苔部分が破れると、中身のご飯がこぼれてしまいます。

 

同様に、キューティクルが破損すると、中のコルテックスの部分がダメージを受けます。

 

キューティクルを損なわないように髪の手入れをすることを、重視しましょう。

 

一度傷んだ髪は、元通りになることはありません。

 

キューティクルがダメージを受ける理由は、毛染めやパーマ、髪の脱色、過度なドライヤー、紫外線による影響などです。

 

髪が傷んでいると感じたならば、どんなことが原因になっているかを考えることが髪の悩み対策には有効になるようです。

 

 

 

コメントを残す