にきび跡の赤みの原因と対策

 

にきび跡は治っても赤みが残ってしまうことがあり、普通のお肌対策では完全に消すことはできません。

 

にきび跡の赤み対策をするには、原因を知っておかなければなりません。

 

どうしてにきび跡に赤みができるかは、ケースバイケースです。

 

にきびが悪化し、化膿したり、赤にきびになったことで、にきび跡に赤みが残るということがあります。

 

赤みだけでなく、腫れたにきびは、皮膚に痕跡を残しがちです。

 

 

N112_sonnabakana500

 

一見してにきびがなくなったように見えても、にきび跡として赤みがある時には、未だにきびの炎症が引いていないことがあります。

 

赤にきびや化膿にきびは、にきびが悪化した状態なので、皮膚の奥まで炎症が広がっています。

 

表面だけが治っていて、皮膚の奥の炎症が治っていない場合があるのです。

 

にきびがなくなっても、根本的な改善はできていないので、皮膚に赤みが残るわけです。

 

にきびのためにお肌に炎症が起こり、周囲の血流が停滞しているために、赤みが出てしまうということがあります。

 

にきびが皮膚を刺激し、そのためメラニン色素が多くつくられて、にきび跡の赤みとして見えることもあります。

 

にきび跡の赤みができる理由はいくつかありますので、なぜ自分の肌に赤みがあるかを調べることが対策の一歩です。

 

にきび跡の赤みを消すため方法

 

にきび跡の赤みができる原因はいろいろありますが、どんな方法で赤みを消したら良いのでしょうか。

 

にきび跡は、肌のターンオーバーがスムーズに行われていれば、徐々に薄くなっていくものです。

 

古い皮膚が、新しい皮膚と交換される周期は、大体28日となります。

 

古くなった皮膚がずっと表層に留まっていると、どんなに時間がたっても、にきび跡の赤みはそのままです。

 

にきび跡の赤みがずっと残っているという人もいますので、肌の代謝を促進しまょう。

 

では、お肌の新陳代謝を活発にするには、どうすればいいでしょう。

 

毎日のスキンケアも重要ですが、健康的で規則正しい生活も皮膚には大事です。

 

寝不足が続いたり、食生活が乱れたりすると、肌荒れしやすくなりますが、これは肌のターンオーバーの乱れが原因です。

 

にきび跡の赤みを消すにも、美肌をキープするためにも、ターンオーバーをスムーズにすることが大切になります。

 

常に肌が新陳代謝していることで、美しい肌を維持することができるといいます。

 

夜、眠っている間に成長ホルモンが分泌され、新しい皮膚がつくられ、痛んだ皮膚が修復されています。

 

成長ホルモンの分泌が最も盛んな夜22時~2時は、しっかり睡眠をとるといいでしょう。

 

質のいい睡眠をとり、ターンオーバーがスムーズに行われているお肌になることで、にきび跡の赤みも少しずつ引いていきます。

 

にきび跡の赤みを消す生活習慣

 

にきび跡の赤みを消すためには、肌のターンオーバーをスムーズにすることがポイントです。

 

ターンオーバーを促進するためには、十分な睡眠とともに毎日の食事でしっかりと栄養を摂取することも重要です。

 

体を保つためには、たんぱく質は欠かせない存在です。

 

皮膚だけでなく、筋肉や髪、体の中ある臓器など、様々な体の構成要素が、たんぱく質からできているといいます。

 

肉や魚、乳製品からは動物性のたんぱく質が、豆腐や納豆からは植物性のたんぱく質が摂取でき、どちらも体のためには大事な存在です。

 

にきび跡の赤みを解消するためにお肌のターンオーバーを促進したいなら、運動不足を解消して代謝を高めることも効果があります。

 

運動して代謝がアップされると、正しい周期でターンオーバーが行われるようになるので、要らなくなった角質は取り除かれます。

 

軽い運動を習慣にすることで、にきび跡の赤みを解消することができるでしょう。

 

お肌が、紫外線の影響を受けないようにすることで、肌の代謝を維持することができます。

 

日々のスキンケアをきちんと行って、皮膚の保湿を保つことも重要です。

 

お肌の新陳代謝が最も活動的になる時間は、夜22~深夜2時です。

 

にきび跡の赤みを速やかに解消するためには、この時間帯はよい睡眠をとれているような生活リズムを目指しましょう。

 

コメントを残す