スキンケア化粧品の基本的な選び方と使い方

 

毎日のスキンケアに使う商品はさまざまですが、基本的なスキンケア化粧品の使い方はだいたい同じです。

 

どんなに効果の高いスキンケア商品でも、正しい使い方をしなければ意味がありません。

 

 

b01fd8eca8769bf856efd7f3a97ef738_s

 

ほとんどの人が使っている最初のスキンケア化粧品に、洗顔料があります。

 

毛穴に皮脂汚れが目詰まりしたままスキンケアをしていても、肌トラブルを改善することは難しいものでしょう。

 

特に、毛穴の目詰まりはにきびができやすくなる原因ですので、肌タイプに合わせた洗顔料で、汚れのないきれいなお肌を保つようにしていきましょう。

 

基礎化粧品は、スキンケアをする時には欠かせないものですが、順序を誤って使用すると、お肌のコンディションを悪くすることがあります。

 

スキンケアにおいて重要なことは、水分を十分に与えてから肌の中に水分を閉じ込めることです。

 

肌が乾燥して皮脂が不足してしまうと、肌のバリア機能がうまく作用できずに肌荒れを起こす事があります。

 

お肌に十分な水分を与えられるよう、ローション等をまず始めに皮膚につけていきましょう。

 

ローションをつけながら様子を見て、それから化粧水、美容液という順につけていきます。

 

まずは化粧水に配合されている成分を皮膚に与え、皮膚の奥にまで成分が到達したと感じたら、オイル成分の多いもので肌を覆い、蒸発しないようにしておくと効果があります。

 

とはいえ、スキンケア商品のつける順序は商品ごとにさまざまですので、使う時にはまず順序を調べてみるといいでしょう。

 

乾燥肌の人のスキンケア商品の選び方

 

スキンケア化粧品にはさまざまな成分が含まれていますが、乾燥肌の人にはヒアルロン酸やセラミドが含まれている基礎化粧品がおすすめです。

 

乾燥気味の肌を保湿することは、スキンケアの基本です。

 

どんな成分が配合されているスキンケアか知りたい場合は、容器などに表記されている成分表示表をチェックしてみましょう。

 

また、防腐剤や保存料などの添加物が少ないスキンケア用品を選ぶことが、乾燥肌の人には大事なポイントであるといえます。

 

乾燥肌とは、皮脂がそれほど多くないという人の肌です。

 

皮脂というと、にきびの原因など悪いものだというイメージがありますが、適量であれば外部の細菌などから肌を守るバリア機能があります。

 

乾燥肌の人は、適量の皮脂も分泌されていないので、もともとバリア機能が弱いのです。

 

お肌に、化粧品をつけた時にピリッとした感触があるならば、皮膚本来の油分が少なくなっていて、刺激に対する防衛機能が下がっていることがあります。

 

しかし、防腐剤や保存料が何も使われていないスキンケア用品は、開封後放っておくと、雑菌が増える可能性が高いと言われています。

 

添加物フリーの天然スキンケア用品を利用したいという人は、小さな容器のものを購入して、使用期限以内に使い終わるように心がけましょう。

 

肌への刺激が少ないものを選択することが、乾燥肌の人がスキンケア用品を選ぶ時には大事です。

 

敏感肌の人のスキンケア商品の選び方

 

敏感肌の人は、ちょっとしたことでも肌トラブルを起こす可能性があります。

 

肌への刺激が強いスキンケア商品を選ぶと、お肌への負担になりますので敏感肌の人は、マイルドなスキンケア用品を選択してください。

 

特に、無添加のスキンケア商品を選択することが、敏感肌の人には向いていると言われています。

 

人工成分が配合されていない無添加スキンケア用品は、皮膚への負荷が少なくすみ、敏感肌の人であっても安心して利用できます。

 

肌質に合うスキンケア化粧品かどうかをチェックするためには、トライアルセットなどの少量パックを、しばらく使って肌の反応を確認しましょう。

 

自分の肌に本当に合っているのかどうかを、確認することが、敏感肌の人がスキンケア商品を選ぶ場合には大事なことです。

 

敏感肌の人向けのスキンケア商品の中には、ドクターズコスメというものもあります。

 

商品の開発段階で、皮膚や医療の専門家が参加したり、助言を行っているスキンケア用品や化粧品のことを、ドクターズコスメと呼んでいます。

 

効果の高いスキンケア用品を開発するために、専門家が様々な知見から意見を出している商品ですので、高い効果が期待できるスキンケア用品です。

 

しかしながら、ドクターズコスメを使っても、肌トラブルが発生するという人はいるようです。

 

敏感肌の人が、自分の肌質に合わせてスキンケア用品を選択する時には、様々な角度から商品を見極めることが大事です。

コメントを残す