スキンケアのためのコラーゲンとヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸とコラーゲンは、いずれも美容効果がある成分です。

 

コラーゲンや、ヒアルロン酸を配合した美容ドリンクや、スキンケア用品などは、化粧品売り場に並んでいます。

 

肌をきれいにする効果が、ヒアルロン酸やコラーゲンにあるのはなぜでしょう。

 

 

37692716e516d54054338ce1a5ba6ce1_s

 

皮膚には、真皮層と角質層という2つの層があり、それぞれ異なる性質があります。

 

このうち、皮膚の深い部分にある真皮層で、コラーゲンとヒアルロン酸は使われています。

 

真皮層にヒアルロン酸があることで、肌は十分な水分を含み、みずみずしさを維持しています。

 

水分を含んだコラーゲンが、網目のように皮膚の中を行き渡っているコラーゲンの間に収まっていることで、肌は乾燥せず、水分を有したままの状態でいられます。

 

細胞同士を結びつける働きをしているコラーゲンは、肌のハリをつくります。

 

コラーゲンの多い皮膚は弾力があり、指で押してもぷりっとしているものです。

 

コラーゲンが不足すると、お肌が乾燥しやすくなり、たるみやしわができやすい状態になります。

 

年齢を重ねると、人の肌はしわやたるみが多くなり、老けて見えます。

 

これは、コラーゲンやヒアルロン酸が、肌から失われているからです。

 

水分の多い肌は新陳代謝が盛んですが、ヒアルロン酸やコラーゲンが少なくなると代謝が悪くなって、古い皮膚が肌に残ってしまいます。

 

年をとるとシミやくすみが多くなるのは、お肌の新陳代謝が滞るようになって、古い皮膚がいつまでも残っているからです。

 

年齢を重ねるとターンオーバーが遅くなるため、シミが消えづらくなるのです。

 

お肌のハリを高めるだけでなく、シミやくすみのない若々しい肌であり続けるためにも、ヒアルロン酸やコラーゲンは役立ちます。

 

 

 

コメントを残す