わきが手術の種類

 

わきが手術は、わきがのレベルにあわせてするものですから、実際には手術までする必要はないという人もいますし、わきがときっぱり縁を切りたいので、手術をして、わきがのない体質になりたいという希望を強く抱くような人もいます。

 

わきがの手術をしたいという人は、実際、どういった手術をして体質を変えることになるのでしょうか。

 

 

089982

 

代表的なわきがの手術方法が、剪除法です。

 

皮膚を切開し、わきがの原因になる汗が分泌されるアポクリン汗腺を取り除きます。

 

わきが手術の定番の方法である剪除法は、治療の効果が非常に期待できる方法です。

 

わきがの手術には、削除法というものもあります。

 

切開した皮膚から器具を入れて、汗腺と皮脂腺を吸入します。

 

吸引法と呼ばれる、わきがの手術方法を行う病院もあります。

 

皮膚を切って器具を入れて、汗腺を吸引して取り除きます。

 

マイクロレーザー法は、レーザーを皮膚に直接照射することで、アポクリン線を破壊する手術です。

 

マイクロレーザー法は手術の痕跡がほとんどなく、短時間で手術を終わらせることができます。

 

超音波法では、超音波を発する用具を切った皮膚の中に入れて、アポクリン汗腺を取り除いていきます。

 

手術の方法は多種多様で、体への負担や、治療効果など、特徴はいずれも一長一短です。

 

手術費用も違いますし、かかる時間や、術後の回復スピードも異なっています。

 

自分が受けたいというわきがの手術があるならば、その手術のいい面だけでなく、注意する点も見ておきましょう。

 

仮に、わきがの治療に取りかかるのなら、手術をするのかどうかも含め、じっくり検討しましょう。

 

コメントを残す