肌年齢に関係する 正しい肌ケアについて

30代を過ぎたあたりから、肌悩みを抱える女性は多いことと思います。

 

20代のころは、正常なターンオーバーを繰り返し特にお手入れしなくてもきれいな肌を保てていたことでしょう。

 

しかし、年齢とともに徐々に乾燥肌や敏感肌になったと感じるという声をよく聞きます。

 

それを補うように過剰なお手入れや、高価な美容液を購入方も多いのですがちょっとした工夫で美しい肌をキープすることができるのをご存知でしょうか?

 

肌が乾燥すると、その乾燥を防ぐために化粧水をつけたりクリームや美容液を塗りたくらなければ・・・と考えると思います。

 

まず、ここに大きな間違いがあります。

 

お肌の手入れはセラミドを補ってあげるだけで十分です

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

 

肌の乾燥は、お肌の水分を逃さないようにする『セラミド』不足から起こります。

 

セラミドは年齢とともに、量が減ってきますのでそれを外部から補ってやることで肌の乾燥が防げます。

 

乾燥しているからといって、外側からたくさん化粧水をつけても水分を取り込む成分であるセラミドが不足していたら何にもなりません。

 

乾燥肌はセラミドの表面が荒れて、肌に穴が開いている状態です。

 

その穴から、外に肌の水分はどんどん出て行ってしまいます。

 

セラミドが失われるのは、肌のいじり過ぎが原因の一つです。

 

メイク落としで、しっかりとメイクを落とさねばと思うあまりついゴシゴシと必要以上にこすっていませんか?

 

その肌への刺激が、セラミドを壊し乾燥肌にしてしまっているのです。

 

メイク落としシートでゴシゴシこするクレンジングなどもってのほかです。

 

一番いいのはジェルタイプのクレンジングで、そっとこすらないようにメイクを落とすことです。

 

「このクレンジングで100%メイクを落とそう」などとは思わずに、6から7割メイク落としでメイクが落ちていれば良いと考えてください。

 

仕上げは洗顔で、メイクをきれいに落とします。

 

もこもこ泡をたっぷりつけて洗顔するのがいいと、巷では言われていますが泡の量はせいぜいゴルフボール一個分ほどでかまいません。

 

最初に皮脂の多いTゾーンから洗い、Uゾーンを洗うようにしましょう。

 

この時も決して皮膚が動くほど、ゴシゴシとこすってはいけません。

 

ぬるま湯で洗い流すときも、サッと顔の表面に水を乗せる感覚で流してください。

 

洗顔後は、セラミドやヒアルロン酸などを配合した化粧水を使用します。

 

このあと乳液やクリームでお肌に蓋をしなければ・・・と思う方もいるでしょう。

 

しかし、その考え方は30年以上前のものです。

 

不足しがちなセラミドを補ってやるだけで、お肌にとっては十分。

 

むしろ、いろんなものをつけて肌を触りまくることが乾燥肌になってしまう原因になります。

 

安価なものだと、セラミド配合の化粧水は1500円くらいからあります。

 

肌のお手入れ方法を変えるだけで、ハリ・つやのあるお肌を守ることはできます。

 

一度洗顔方法を見直してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す