クレンジングジェルの種類と洗顔方法

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

 

寝る時にメイクを落としておくことは、肌への負荷を軽減するためになくてはならないことといえます。

 

メイクは洗顔料でもある程度落とすことができますが、しっかりと落すためにはクレンジングは欠かせません。

 

日中の活動や汗でメイクが落ちないように、最近のメイクは色々な細工が施されています。

 

石鹸で洗うくらいでは、メイクを除去することが大変になっているというのが現状なのです。

 

この頃特に関心を集めているのが、クレンジングジェルです。

クレンジングジェルは吸着性や浸透性が高くジェル状の性質を生かし肌への刺激を和らげる効果が高いのが特徴となっています。

 

 

クレンジングジェルは、オイル入りとオイルフリーの2種類がある水性ジェルタイプと、油性ジェルタイプとに、分けられます。

 

オイルフリーの水性タイプはオイルを使わないクレンジングで肌への刺激を極力避けたい人に向いている商品です。

 

水性ジェルのクレンジングで、オイル成分を含んでいるものは、あまり濃い化粧をしていない人のメイク落としに適した商品といえます。

 

洗浄力が強い油性ジェルタイプは、濃いめメイクをしている人が化粧落としに用いるものです。

 

強すぎる洗浄力で、肌が必要としている油分を除去しすぎないように、油性ジェルタイプは考えられています。

 

クレンジングジェルはタイプによって、性質が大きく異なるので自分に合ったものをしっかりと選ぶようにしましょう。

 

無添加で肌に優しいクレンジングジェル

 

様々なクレンジング剤がありますが、中でも多くの女性が使っているものに、クレンジングジェルがあります。

 

ドラッグストアやネットショップには、様々なクレンジングジェルが並んでいますが、どのクレンジングジェルを買うか迷っている人も多いです。

 

色々な着眼点がありますので、クレンジングジェル選びの参考にしてください。

 

まず重視したいことは、お肌との相性がいいかです。

 

敏感肌の人は、洗浄力が強すぎるクレンジングジェルだと、肌が負けてしまうことがあります。

 

界面活性剤が入っているクレンジングジェルを使うと、肌へのダメージが大きすぎてよくないという可能性もあるようです。

 

界面活性剤を含んでいると、汚れ落ちは良いものの、肌の皮脂を必要以上に落としてしまうことも多いのです。

 

肌が乾燥しやすかったり、炎症が起きやすいという人の場合は、洗う力が強すぎないようなクレンジングジェルを選ぶといいでしょう。

 

いくら肌に優しくても、洗い流すのに時間がかかってしまうと、急いでいる時には簡単に済ませてしまって、洗い残りが発生する場合も考えられます。

 

汚れを完全に落とせていない場合は、お肌への負担が増してしまう可能性もあるようです。

 

髪を洗った時にすすぎをしっかりするのと同様、顔を洗った時もすすぎをしっかりやって、顔に洗顔剤や洗いカスが残らないようにします。

 

すすぎが楽で、汚れ落としが確実で、肌への刺激が少ないようなクレンジングジェルめざし、メーカーは頑張っています。

 

クレンジングジェルのサンプルを送ってくれるメーカーも多いので、サンプルを試してみてから商品を買うようにすれば安心できます。

 

クレンジングオイルの注意点

 

メイク落としに欠かせないクレンジング剤ですが、汚れを洗い落とせる力が最も強力なものといえば、オイルクレンジングです。

 

オイルクレンジングは洗浄力が強すぎることから、皮膚に本来必要な皮脂成分まで洗い流してしまいがちです。

 

とはいっても、オイルクレンジングは使い方次第では、いい結果をもたらします。

 

肌が乾燥に弱いタイプの人でなければ、メイク落としにオイルクレンジングを使うことに不都合はありません。

 

クレンジング時にどういった点に注意をしてオイルクレンジングを使えばいいのかを、知っておくことです。

 

クレンジング剤を顔につける時は、皮膚の強いTゾーンを先に洗います。

 

クレンジング剤をつける順序としては、皮膚の薄い目の周りや頬は最後にすることがポイントです。

 

皮膚に負担をかけないためには、できるだけ短時間でクレンジングを済ませることです。

 

そのためには、少し多めに感じるくらいの量のクレンジング剤を使いましょう。

 

こすれば汚れは落ちるというものではありません。顔に塗ったクレンジングの泡に、油汚れを溶かし出すものです。

 

クレンジングケアで大事なことは、汚れが十分にクレンジングの中に溶け出すように、顔に塗り広げるということです。

 

顔を洗う時の湯はぬるま湯を使います。熱すぎても、冷たすぎてもよくありません。

 

オイルクレンジングでも、使い方によって肌を傷めず汚れ落としをすっきりと行うことが可能です。

クレンジングミルクを使用するときの注意点

 

ミルククレンジングは、肌が刺激に弱く、乾燥しやすいという人に向いています。

 

ただし、オイルクレンジングなどに比べると、洗浄成分が弱めなことも多く、化粧が肌に残ってしまうケースもよくあります。

 

洗いあげる力がそれほど強くないミルククレンジングで毎日の洗顔をするために、洗顔の手順に一手間加えているという人もいるといいます。

 

クレンジングの後に、洗顔石鹸などを使って二度目の洗顔をする、ダブル洗顔法を用いる人もいます。

 

にきびや、皮膚トラブルの原因に、洗顔時に洗いきれなかったメイク成分が皮膚に残っていて毛穴に詰まり酸化したためというものがあります。

 

洗い残しが気になるばかりに、洗顔をしすぎるのも肌の油膜を落としてしまい、乾燥しやすくなるので度を過ぎた洗顔は禁物です。

 

ミルクタイプのクレンジング剤は、洗浄力が弱いため、濃いメイクを落とそうとした時には、メイクを十分に浮かせることができなくなってしまうこともありますので、気をつけましょう。

 

ミルククレンジングでも、肌をこするのはよくないですし、2回クレンジングするのも、肌に負担をかけてしまうので注意が必要です。

 

思い切って、多めのミルククレンジング剤で洗えば、一度のクレンジングでメイクが落とせます。

 

説明書に目を通し、一度に使う量をしっかり確認してから、お肌のクレンジングをすることが大事です。

 

洗顔が済んだら、多めの化粧水を皮膚に浸透させて、乾燥対策をしておくようにしましょう。

 

特に肌の弱い人はクレンジング剤も天然成分にこだわった商品を選んだほうが、肌トラブルも少なく済みますのでおすすめです。


コメントを残す