家庭用脱毛器でする脇の脱毛処理

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-07-CRI_IMG_6017-thumb-1000xauto-18608

 

最近は、家庭用脱毛器でムダ毛を処理しているという女性が、珍しくなくなっています。

 

女性ならば、脇の脱毛は身だしなみも同然です。

 

いかにボディラインがきれいでも、脇毛が残っていればがっかりします。

 

家庭用脱毛器は、カミソリによる剃毛にかわり、自宅でできる脇毛処理の効率的な方法と見なされつつあります。

 

脱毛クリームや、剃刀による脱毛は家庭でできる手軽な方法ですが、毛の再生サイクルが早く、すべすべのお肌の期間は長く続きません。

 

 

脱毛器を使えば、毛根から取り除くことができるため、再生を遅くすることができます。

 

家庭用として販売されている脱毛器は、高周波を皮膚にあてて脱毛効果を得るタイプと、電動ローラーに絡んだムダ毛を引き抜くタイプがあります。

 

家庭用の脱毛器はエステで使うものより低出力で、安全性を高めて家庭でも使えるようにしています。

 

レーザーや、高周波を使う家庭用脱毛器は価格がどうしても高くなりますが、エステで脱毛コースを利用するよりは低価格です。

 

脇毛は太く、抜きにくいものが多いので、家庭用脱毛器も脇毛の脱毛ができるくらいの出力が出るものを、あらかじめ選んでおくことが大事です。

 

エステに行って脱毛施術を受けるよりは、家庭用脱毛器の方が時間もかからず、安価です。

 

脱毛器による処理をした場合には、皮膚の炎症や処理残しの可能性もありますので、一長一短の方法といえます。

 

 

 

 

 

脇の脱毛方法について

 

脇毛の処理をしたいけれど、どのようにすべきか決められないという人もいます。

 

カミソリや電気シェーバー、脱毛クリームなど自宅でできる脱毛方法は色々あります。

 

けれども、幾度脱毛をしても、何日か経過すれば以前と変わらないムダ毛が生えてくることに、脱毛ケアが億劫になっている人もいます。

 

お肌がカミソリに負けてしまい、赤く腫れたり、化膿の原因になって、脱毛処理自体が難しくなってしまう人もいます。

 

ムダ毛の再生しないつるつるのお肌になるために、エステで永久脱毛を施してもらうという選択肢もあります。

 

近年では、脱毛技術の進歩も進み、エステで安く脱毛ができるコースも増加しています。

 

ムダ毛の再生を抑えるには、毛の再生サイクルに合わせて、何度か永久脱毛施術を受けることになります。

 

エステの脱毛コースは、受ける回数に比例して脇がつるつるになっていきます。

 

エステの永久脱毛は、毛の再生を完全に抑えられるようになるまで、1年は施術を継続することです。

 

数あるエステの中からどこのエステを選ぶかは、永久脱毛を受ける時には大事なことです。

 

あまり考えずにエステを選ぶと、施術内容が十分でないこともあります。

 

潰れそうなエステサロンで脱毛処理をしてもらうと、アフターケア以前に、エステがなくなっていることもあるようです。

 

最初のうちはある程度知名度があり、店舗数も安定しているエステサロンでの脱毛コースを利用することをおすすめします。

 

医療機関での脇の脱毛

 

脇の永久脱毛をするために、レーザーや光を使う技術が、発達しています。

 

レーザー脱毛とは、毛の再生を行っている毛根にレーザーの光を照射し、新しい毛をつくれない状態にすることです。

 

レーザー脱毛のいいところは、現在、生えている毛を処理すると、ムダ毛の再生がされなくなることです。

 

最近では家庭用脱毛器でも永久脱毛が可能ですが、医療施設や、エステの永久脱毛コースを受けて、脱毛施術をしてもらう方法が注目されています。

 

医療行為として、医療クリニックでは永久脱毛をしてもらえます。

 

ただし、医療機関で受けたからといって保険が適用されるわけではなく、全額自己負担です。

 

医療機関ごとに、脱毛に必要な予算が全く違っていることにも要注意です。

 

金額はエステのほうが安く済みますし、エステならキャンペーン等を行っている場合もあります。

 

エステではレーザーに匹敵する高出力の器機での脱毛はできませんので、脱毛力は医療機関の方が優れています。

 

医療クリニックなら、高出力のレーザーでの脱毛が可能です。

 

脱毛効果の強い光を浴びると、肌を傷める可能性が高くなりますので、気をつけましょう。

 

けれども、専門の医師が脱毛処理を行うので、施術後に脇の下の皮膚にトラブルなどが起きた時に、ぬり薬などを処方してもらえるという利点があります。

 


コメントを残す