にきびを予防するには乾燥に注意する

空気が乾燥する季節のにきび予防は、汚れをしっかり落とすことと共に、十分な保湿をすることです。

 

クレンジングや洗顔の時に熱いお湯を使用して洗ってしまうと、肌の水分の蒸発を促進してしまい、乾燥しやすくなります。

 

洗顔によってにきびを予防する場合、ぬるま湯や、水で顔をよく洗い、汚れを落とすということです。

 

 

83ebc532668a7b681794a09771c98b12_s

顔を洗ったら、放置せずにすぐに保湿ローションなどをつけて、肌が乾燥しないようにケアをしましょう。

 

お肌に十分に水分を与えたら、オイル成分を含むクリームをつけて、肌が乾燥しないようしておけば万全です。

 

睡眠不足は、にきびの大敵です。眠ることと、にきび予防との関わりがピンとこない人もいるかもしれませんが、両者には密接なつながりがあります。

 

お肌ににきびができすやくなる理由の一つとして、熟睡できないことで免疫抵抗力が悪くなることがあります。

 

にきびに限らず、肌を健康的な状態に維持するには、十分は睡眠が必要になります。

 

お肌のためには、よく眠ることが大事です。睡眠不足が続くようだと肌の再生サイクルがずれて、古い皮脂が新しい皮脂と交代しづらくなってしまうためです。

 

お肌の深部でつくられた肌細胞は、28日ごとに古くなって皮膚から剥がれます。

 

ですが、睡眠が足りないままでいると、古い皮膚と新しい皮膚が交代するサイクルが変わって、古い皮膚が28日を越えても残り続けるというような状態になります。

 

乾燥が気になる季節は、にきび予防のために、お肌の保湿をきちんと行うことと、睡眠時間を確保することを重視しましょう。


コメントを残す