にきびを予防する方法について

にきびは、空気が乾いてくると、多くできやすくなると言われています。

 

予防するなら寒くなる前の秋ぐらいから始めるのがよいとされています。

 

寒い季節になるとにきびが多くなるのは、気温だけの問題ではなく、空気の乾燥が進むことにもあります。

 

気温が下がり、湿気が減ると、皮膚の水分が失われて、にきびができる毛穴の周囲も弾力性を失ってしまうことが多いようです。

 

 

105768

にきびができるのは、毛穴が何らかの理由で塞がったときです。

 

にきびの予防に取り組むためには、皮膚の乾燥を防ぐために、毎日のスキンケアをきちんと行うようにしましょう。

 

屋外の湿度が低下する以外にも、暖房を使うと室内の湿度も低下しますので、自分のお肌は自分で守らないとあっという間に乾燥してしまいます。

 

乾燥肌になると、皮膚を守るバリア機能が低下するので、にきびや肌荒れといった皮膚トラブルになりやすい状態になります。

 

肌の健康状態を維持し、にきびを予防するために、肌をいたわってあげることが重要です。

 

けれども、湿度が低いわけでない季節であっても、にきびができることはありますので、油断することはできません。

 

気温や湿度は季節によって変化しますので、にきび予防も外気の変化に合わせて行う必要があります。シーズンに応じて、にきび予防を工夫しましょう。


コメントを残す