青汁って一体どんなものなのか

すっかり健康食品としておなじみになった青汁ですが、青汁というのは、一体どのようなもののことを言うのでしょうか。

 

辞書的な説明をすれば、「青汁とは生の緑黄色野菜を絞ったもの」というような言い方をされます。

 

56587462
緑黄色野菜というのはβカロチンなどが含まれて健康によいということはご存じだと思いますが、青汁の場合にポイントとなるのが生であるという点です。

 

野菜に含まれるビタミンCなどは、加熱で壊れると言われておりビタミンAに必要なβカロチンもまた、熱に弱いとされています。

 

つまり生で緑黄色野菜を絞った青汁は、加熱調理などで壊れる前に栄養素を効率よく摂ることが出来るのです。

 

この他、青汁の材料とされる大麦若葉やケール、明日葉などは食物繊維とともにミネラルなどが含まれているものが選ばれていますので、青汁を摂取することは健康に良いという事になるのです。

 

 

また、最近では抗酸化フラボノイドやクロロフィルなどの野菜に含まれる成分も注目されており、そういった成分を青汁にする事で、効率よく体内に吸収できるという点も評価されています。

 

もちろん、こういった青汁に含まれる成分は、どのブランドの青汁も全て同じというわけでは無く、それぞれによって選ばれている材料や製法によって成分が異なってきます。

 

青汁を選ぶ際には、飲みやすさも重要なのですが、どういった製法でどのような材料が使われていて、各種成分がどの程度入っているのかを確認してみるのも良いでしょう。

 

コメントを残す