青汁ダイエットの効果と注意点

 

青汁ダイエットは、はじめに青汁を選ぶことから始めましょう。

 

桑の葉や明日葉を主原料としているものがダイエット効果が高いといわれています。

 

しかし、青汁ダイエットには即効性や痩せたから終わりということはないといえます。

 

 

青汁のダイエット効果

 

adult-18792_640

青汁は痩せる薬ではありません。

 

青汁に含まれている食物繊維によって、腸から老廃物を出したり、青汁の栄養素を吸収したりして、新陳代謝を高めて、太りにくい体にする効果はあります。

 

しかし、それは時間がかかるため、すぐに痩せたいという場合に青汁ダイエットとして使われることはありません。

 

効果が実感できるまでの期間も長いので、根気よく続けるということが重要になります。

 

しかし、食事量を制限するダイエットなどをするのでしたら、青汁は違った意味で役に立ちます。

 

食べないダイエットは欲望のひとつである食への欲を断ち切ることになりますので、イライラすることが多くなります。

 

青汁には精神に働きかける成分が含まれているので、イライラを落ち着かせる効果があるのです。

 

また、栄養が不足しがちになるのを青汁の豊富な栄養素が防いでくれます。

 

特にビタミンB群は脂肪を燃焼させる効果があります。

 

ビタミンが不足すると痩せにくくなるというデメリットも考えられますので、青汁と合わせて野菜中心の食事がいいでしょう。

 

されど、肉や魚を全く食べないというのもいけませんので、ささみなどのカロリーの低いものと組み合わせて食べるようにしましょう。

 

ダイエット中の運動と上手く結びつけることによって、脂肪を燃焼させましょう。

 

間違っても運動ができないほどの無理な食事制限ダイエットはしないでください。

 

青汁の栄養素で補えるのも限界というものがありますので、じっくりと時間をかけて、食事の量を抑えつつきちんと3食摂りながら、運動もするダイエットが一番理想的です。

 

また、青汁はダイエットをやめても飲み続けるのをやめないことをお勧めします。

 

その理由は、青汁を飲んでいる間はリバウンドしにくいからです。

 

太りにくい体質になっている場合でも、青汁を飲むのをやめてしまったら体質が変わってしまうかもしれません。

 

青汁は、ダイエットを続ける上で効果的な働きをする健康補助食品といえます。

 

青汁と便秘

 

青汁ダイエットは食べて排出しての繰り返しによって、体の新陳代謝を高めて、体質を太りにくくするというダイエット方法ともいえますので、基本的に食事を抜くような「置換えダイエット」には向いていません。

 

何故なら体の代謝によってダイエット効果が現れるといってもいいからです。

 

ですが、すぐに効果が現れる場所があります。

 

それは便秘によって起こっていたぽっこりお腹です。

 

頑固な便秘に悩む人は多々いらっしゃいます。

 

そもそも便秘をなんとかしたくて青汁を飲み始めるという人も多くいます。

 

個人差がありますが、青汁の食物繊維が腸に働きかけて老廃物を排出します。

 

ただし、薬ではありませんので、本当に頑固な便秘の人には時間がかかることもあります。

 

全然効かないと諦めないでください。

 

実際に体験者の中には1週間かかったとか、半月で効果がでたという人もいます。

 

1度効果が出始めたら青汁を飲み続ける限り効果が続きます。

 

ダイエットなのに食事を普通に摂るのもおかしく感じるかもしれませんが、食べなければ排出するものがないというので、代謝が起こりません。

 

暴飲暴食せずに、控えめでもバランスのいい食事と一緒に青汁を飲むことが、青汁ダイエットの基本というわけです。


コメントを残す